サッカーとバスケが互いに罵倒し合う中国の番組、やり過ぎて放送中止に―中国メディア

Record China    2021年3月27日(土) 19時20分

拡大

24日、観察者網は、中国のサッカーとバスケットボールの各関係者が言い争う番組の放送が「無期限延期」となっていることを報じた。

2021年3月24日、観察者網は、中国のサッカーとバスケットボールの各関係者が言い争う番組の放送が「無期限延期」となっていることを報じた。

記事によると、今月21日に放送予定だった中国のインターネットトーク番組「吐槽(ツッコミ)大会」の第8回の放送が延期となり、28日に予定通り第9回を放送することが明らかになり、第8回の放送が「無期限延期」状態となった。

第8回の放送が延期されている原因は、第7回の放送内容にある。14日に放送された第7回は「スポーツ特集」の前編として、サッカー元中国代表キャプテンの范志毅(ファン・ジーイー)氏と、中国バスケットボールリーグCBA遼寧の男子監督・楊鳴(ヤン・ミン)氏らが登場。「吐槽(ツッコミ)対決」で范氏が「男子バスケ中国代表はひどい成績だ、中国サッカーが助けてやろう」などとバスケ側に「捨て身攻撃」を仕掛けて注目を集めた。そして、次回予告では逆にバスケットボール選手が范氏に反撃する様子が流されていた。

第7回の范氏による過激な言論について、ネットユーザーの間ではおおむね好評だったものの、元男子バスケ中国代表選手が「いつから中国男子サッカーが男子バスケを評価できるようになったのだ」と不快感を示すなど、業界内からは批判が出た。

また、中国サッカー協会は、第7回放送終了後の16日に「中国サッカー協会紀律準則」を出し、選手や協会関係者が公共メディアで敵意を挑発した場合、最大18カ月の試合出場停止、30万元(約500万円)以上の罰金に処すことを明らかにしている。

同番組は21日、公式微博アカウントを通じて第8回放送分について「編集時間不足により、予定通り放送できない」旨を発表し、新たな放送日については明らかにしていなかった。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携