韓国から犬食文化が無くなる?「嫌悪食品」はデリバリーできずコロナ禍で苦境に=ネットには反対の声も

Record China    2021年3月25日(木) 0時20分

拡大

新型コロナウイルスの余波を受け、ポシンタン業者が苦境に立たされている。3月23日、韓国メディア・ファイナンシャルニュースが報じた。写真はポシンタン。

新型コロナウイルスの余波を受け、ポシンタン(補身湯・犬の肉を使用した韓国料理)業者が苦境に立たされている。3月23日、韓国メディア・ファイナンシャルニュースが報じた。

記事によると、コロナ禍が長期化する中、韓国の飲食業界において、配達代行サービスアプリは必須の営業手段となっている。しかし最近、ポシンタンは「嫌悪食品」と判断され、アプリの対象メニューから排除されたという。

韓国内の配達代行サービスアプリでは原則として、野生動物を調理した食品や「嫌悪食品」の販売が禁じられている。韓国随一のフードデリバリー・アプリ「配達の民族」の利用ガイドにも、「法的・社会的に問題となり得るメニューは、登録基準に基づき販売を制限する」との記載がある。

ポシンタンの登録禁止を要請したのは、動物愛護団体「動物自由連帯」だという。「動物自由連帯」はホームページを通じ「食用の犬肉に関しては、生産から流通・調理・販売までいかなる法律も適用されないため、健康上の問題が生じても責任を問えない」とし、「国民の健康を脅かす食品が配達代行サービスアプリで堂々と販売されている状況を深刻に捉え、改善策を要求した」と説明した。

9日には、忠清北道五松にある食品医薬品安全処の前において、犬肉の賛否をめぐる集会も開かれた。いわゆる「犬肉禁止法」と呼ばれる「動物保護法」改正案の議論が国会で始まったことにより、賛否双方の意見が激しいぶつかり合いを見せたという。反対派のメンバーが食品医薬品安全処の前で4カ月間座り込みを続ける一方、賛成派の犬肉飼育農家は対抗集会を開いた。

長い間ポシンタンを提供してきた飲食店も、もはや諦めムードだという。2020年に配達代行サービスアプリに登録を試み拒否されたというイさん(56)は、「犬肉も厳しい検査を通過した業者から供給を受けている」としつつも、「食用とペット用の犬は違うと認識してほしいが、難しいようだ」と語った。

またソウル市西大門区で25年間ポシンタンを提供してきたキムさん(74)も、「お客が食べたくないと言うならどうしようもない」「犬肉を食べたい人も、食べたくない人もいる。もはや受け入れている」と話しているという。

この報道に対し、韓国のネットユーザーからは、「自分は犬肉を食べないが反対もしない。犬だって牛や豚を殺して作った飼料を食べて生きているのに、『動物愛』を主張するのは偽善だ」「反対派が野菜だけを食べ、革製品は一切持たず、環境に優しいものだけを使って生きているのなら認める」「ペットとして犬を飼っているけど、食べることに反対はしない。ただ、と畜システムの改善は必要」など、強く反対する人々への疑問の声が上がっている。

一方で、「食べる人がいなくなっただけ。時代的に人々が『嫌悪食品』と言うのなら、店を畳むしかない」「ポシンタンを好むのは主に50代以上の人々だと思う。食糧不足で仕方なく食べていた面もあるのに、いまだにこだわる必要が?」「小さい頃からペットとしてのみ犬と接してきた若い世代が拒絶するのは当然」など、時代の変化として受け入れるべきという意見も見られた。(翻訳・編集/丸山

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携