北朝鮮がマレーシアと断交、中国ネット「やると言ったらやるのが彼ら」「意味あるのか」

Record China    2021年3月21日(日) 7時20分

拡大

2021年3月19日、界面新聞は、北朝鮮がマレーシアとの国交を断絶すると報じた。写真はマレーシア。

2021年3月19日、界面新聞は、北朝鮮がマレーシアとの国交を断絶すると報じた。

記事は、朝鮮中央通信が19日に「わが国はマレーシアとの外交関係を断絶した」と発表したことを紹介。その理由について、マレーシアが「資金洗浄など対北朝鮮制裁に違反した疑いで裁かれた北朝鮮国民を米国に引き渡した」ためだと伝えた。

また、北朝鮮外務省が19日に「マレーシア当局は17日、わが国の罪のない公民を犯罪者扱いし、強制的に米国に引き渡した。われわれは、重大な敵対行為を行ったマレーシアと外交関係を断絶することを宣言する」との声明を発表したとしている。

この件について、北朝鮮の友好国であり、米国との対立が続いている中国のネットユーザーからは「支持する」「やると言ったらやるのが北朝鮮だ」「われわれもカナダとの断交準備をしようじゃないか」「もはやマレーシアも米国の手下になったな」など、北朝鮮の態度に対する称賛が多く見られた。

一方で「断交して何の意味があるのか」「北朝鮮と国交を持っていてもあまり意味ないしね。経済や文化の交流もないし」といった感想も出ている。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携