グツグツ煮たから大丈夫?韓国で今度はタラ鍋専門店の食べ残し再利用が物議

Record China    2021年3月21日(日) 12時0分

拡大

18日、韓国・クキニュースによると、韓国では最近、釜山の飲食店が食べ残しの大根キムチを再利用していたことが発覚し物議を醸したが、今度はタラ鍋専門店に食べ残しの再利用疑惑が持ち上がった。写真はタラ鍋。

2021年3月18日、韓国・クキニュースによると、韓国では最近、釜山の飲食店が食べ残しの大根キムチを再利用していたことが発覚し物議を醸したが、今度はタラ鍋専門店に食べ残しの再利用疑惑が持ち上がった。

記事によると、あるインターネット掲示板に投稿された書き込みが波紋を広げている。投稿主は友人と一緒に釜山のタラ鍋専門店を訪れ、鍋に追加で白子を注文したところ、厨房で従業員が他のテーブルの客の食べ残しを大きな鍋に入れる場面を目撃したと主張している。この店では注文が入ると、大きな鍋で調理された料理をその小さな鍋に取り分けて提供する方式がとられていたという。

投稿主が従業員に事実を問いただしたところ、「犬に与えようと思って作った。その従業員はアルバイトであって店長ではない」との回答があった。しかしその後、電話で店長が「食べ残しの再利用」を認めた。ところが店長は「冷凍白子で解凍に時間がかかるため食べ残しを入れた。傷んだ物ではない。グツグツ煮たじゃないか」と反論したという。

投稿主はこの通話記録に領収証を添付し、釜山東区役所に届け出たという。区役所は、当該店を食品衛生法違反で行政処分することにした。関連法によると、食べ残しの再利用は「営業停止15日」の行政処分または3年以下の懲役と3000万ウォン(約290万円)以下の罰金の対象になるという。

これを受け、韓国のネット上では「食べ残しの再利用が物議を醸して間もないのに、まだこんな店があるのか」「批判されて当然」「食べ残しを再利用する意味が分からない」「基本的な衛生概念がなってない店が多すぎる」「コロナ禍で、誰の食べ残しかも分からない物を再利用してお金をもらったの?」など大ブーイングが起こっており、 「再利用できないように、食べ残したものは混ぜておこう」「厨房の防犯カメラの様子を見せてくれる店だけを利用しよう」といった声や、「たったの営業停止15日?」と処罰の軽さを指摘する声が上がっている。(翻訳・編集/松村)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携