中国の家電業界が24兆8600億円規模に、ほとばしる新たな活力―中国メディア

人民網日本語版    2021年3月23日(火) 8時50分

拡大

2020年に中国の家電業界は主業務の収入が1兆4800億元(約24兆8617億円)に達した。

(1 / 3 枚)

2020年には中国の家電業界は主業務の収入が1兆4800億元(約24兆8617億円)に達した。ノンフライヤー(エアフライヤー)をはじめとする小型調理家電、電動モップなどの小型清掃家電、マッサージ機器などの小型セルフケア家電の売上高が大幅に増加し、家電市場で目を見張る業績を上げたことが注目される。

その他の写真

人々の生活レベルが向上するのに伴い、冷蔵庫、テレビ、洗濯機といった従来からある大型家電の世帯普及率が飽和状態に近づき、企業は飽和市場の競争段階に突入した。こうした背景の中、小さいながらも優れた家電新製品が家電業界の「新たなレース」になった。美容機器、マッサージガンは若い人に人気があり、電気オーブン、朝食マシンは「家事一年生」が気軽にキッチンに立てるようにし、掃除機や掃除ロボットは人々を家事労働から解放した……新製品が日々の暮らしのさまざまなシーンに広がり、価格が安い、使いやすいなどの利点もあって、徐々に多くの人々の生活必需品になっていった。

突如発生した新型コロナウイルス感染症が家電業界に衝撃を与えた。生産・サプライチェーンとオフラインの販売ルートが滞り、物流・取り付けサービスがスムーズに行かなくなるなどの原因により、20年第1四半期(1-3月)の家電市場の小売額は前年同期に比べて30%以上減少した。こうした背景の中、小型家電の売り上げは流れに逆らって増加し、業界に復活への原動力を注入した。客観的にみて、「おうち経済」の追い風を受けて、小型家電市場のニーズはより旺盛になった。これにライブコマースを中心としたオンラインマーケティングモデルの持続的な成熟が加わって、小型家電が局面を打破する条件が整った。昨年の「ダブル11」(11月11日のネット通販イベント)は、ECプラットフォームで開始から1時間で数百の小型家電ブランドの取引額が前年同期より10倍以上増えたところがあったほか、オンラインルートが小型家電販売の主要な場となり、爆発的な勢いを見せた。

発展を考える上で、多くの企業が考え方を一新し、質の高いスマート化した消費トレンドをつかまえ、さらにはサプライを刷新して、製品の競争力を高めようとしている。スマート小型家電を例にすると、タッチスピーカーのような使い勝手が良く楽しい製品が、日常生活に1つのスマートプランを提供した。消費高度化のトレンドに対応するとともに、イノベーション企業に利益を与え、価格競争や同一化する発展状況といった業界の苦境をある程度打ち破った。

市場ニーズは小型家電製品のイノベーションの方向性だ。目下の個性化と差別化が進む消費ニーズに直面して、細分化された市場を開拓することが家電業界の基本的な共通認識となっている。一方で、多くの企業がターゲットを絞った家電を製造するようになった。たとえばテレビの売り上げが落ち込むと同時に、教育向けに設計されたテレビなどが親や子供により多様な選択肢を与え、製品の売り上げも大幅に増加した。もう一方で、「家電の農村への普及」が推進され、多くの企業が小都市・農村部市場を開拓するようになった。電気スチームオーブン、フットバス、こたつテーブルなどの小型家電が小都市、農村部でよく売れていることからわかるように、市場の立ち上がりが遅かった地域にはなお多くの消費ニーズがあり、満たされることを待っている。

小型家電が突然発展したことは中国製造業のモデル転換・高度化の1つの縮図だ。家電を代表とする伝統的製造業では、発展理念、製造技術、販売ルートを含む全プロセスの高度化が進行中だ。内需拡大と供給側構造改革とを結びつけ、質の高い供給によって新たな需要を生み出し、人々のますます高まる素晴らしい生活へのニーズを絶えず満たし、伝統的産業に新たな成長源を見いださせ、新たな活力をほとばしらせている。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事のコメントを見る

「おうち時間」に差をつけよう!“中国最高”のアナウンサー「Aちゃん」と学ぶ書籍「おもてなし中国語」刊行!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携