体育での肌着禁止&男性教諭による女子児童の胸チェック、中国ネットでも反響「さすがは日本人」

Record China    2021年3月16日(火) 22時20分

拡大

15日、中国版ツイッター・微博で、日本の小学校における女児の「肌着チェック」が注目され、議論を呼んでいる。

2021年3月15日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、日本の小学校における女児の「肌着チェック」が注目され、議論を呼んでいる。

日本の情報を紹介する微博アカウントが15日、「福岡の学校の80%で白い下着の着用が義務付けられ、教師がチェックを行っていることが明らかになったのに続き、日本では多くの小学校で女児が体操服の下に肌着を着用することを禁止していることが明らかになった」と紹介した。

そして、川崎市の一部の小学校の事例として、肌着の着用を禁じる理由が「皮膚の鍛錬」とされており、実際に着用が必要な女児に対して男性教諭が個別に「胸の成長」を確認し、許可を出すといった内容を伝えている。

この件について、中国のネットユーザーは「これはわいせつではないか」「さすがは日本人」「日本は一体いつの時代を生きているのか」「これは映像作品の中のフィクションではないのか」「(ルール自体問題だが)一万歩譲っても、女性の養護教諭がチェックすべきだろう」「香港でも白い下着のルールがある学校はあるけど、検査はしないな」「イヤリングやブレスレットを禁止するだけでもひどいと思うのに、まさか肌着までとは」といったコメントを残した。

また、複数のユーザーが「どうせ、謝罪して終わりでしょ」とし、問題がうやむやに終わる可能性を指摘するユーザーも見られた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携