機長とパーサー、空の上での殴り合いで処分―中国

Record China    2021年3月17日(水) 19時30分

拡大

中国民用航空局は15日、「フライト中の機内で機長と乗務員が殴り合いに」という騒ぎがネットで暴露された深セン東海航空について、新規路線の申請受理を一時停止するなどの処罰意見を示した。資料写真。

中国民用航空局は15日、「フライト中の機内で機長と乗務員が殴り合いに」という騒ぎがネットで暴露された深セン東海航空について、新規路線の申請受理を一時停止するなどの処罰意見を示した。中国メディアの澎湃新聞が伝えた。

機長と区域乗務長という名のパーサーの間で着陸50分前に起きたこのトラブルは、客がトイレを使おうとした時の対応が発端だった。自動操縦になった後に機長がトイレに入り、客もトイレを使おうとしたため乗務長は座席で待つよう客に勧めたが客はそれを聞き入れず、トイレから出て客が目の前に立っているのを見た機長は「乗務長が職責を果たさず、飛行の安全に影響を与えた」と考えた。言い争いが殴り合いに発展してしまったという。

記事によると、民用航空局が15日開いた定例記者会見で航空安全弁公室の呉世傑(ウー・シージエ)副主任は「関連する調査業務は基本的に完了した」と述べ、関連規則に基づいて五つの処罰意見を出したことを説明。それには、新規の路線やフライトなどに関する申請受理の一時停止や機長に対する免許権利の取り消し、パーサーに対する行政処罰、深セン東海航空による当事者および関係する管理者への責任追及、当局による継続的監督に基づく関係部門、責任者への問責が含まれている。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携