「金の卵」を産めなくなった福原愛は、自由になれるのか―華字メディア

Record China    2021年3月16日(火) 20時20分

拡大

12日、日本の華字メディア・日本新華僑報網は、離婚の可能性が取りざたされている福原愛さんをめぐる問題について「金の卵を産まなくなった福原愛は、自由を得ることができるのか」とする記事を掲載した。

2021年3月12日、日本の華字メディア・日本新華僑報網は、離婚の可能性が取りざたされている福原愛さんをめぐる問題について「金の卵を産まなくなった福原愛は、自由を得ることができるのか」とする記事を掲載した。

記事は、福原さんの不倫疑惑から、夫である江宏傑(ジアン・ホンジエ)のモラハラ疑惑、さらには離婚疑惑とさまざまな情報が飛び交っている両者の婚姻関係について、「もともと両者の結婚について日本のメディアはネガティブに捉えていた」とし、女子卓球世界ランキング9位の福原さんと、男子世界ランキング79位の江による結婚は「格差婚」と称され、江に対して「逆玉の輿」とのレッテルが張られていたと伝えた。

その上で、両者が仮に離婚に向けて歩みだす場合、避けて通れないのが財産の分配と親権の問題だと指摘。財産については「婚前に取得した財産は分配の対象外であり、結婚後に得た財産のみ分配しなければならない」というルールがあることを専門家の意見として紹介している。

そして、結婚後の共通の財産は2016年に台北に購入した約2億円の家で、このほかに福原さんは年収1億3000万円程度、江には1000万円程度のスポンサー収入を含めた収入があると伝えた。

記事は、「経済的な利益を考えれば、江が進んで福原と離婚する可能性は極めて低い」という見方が日本メディアの間で出ていることを紹介。かつて江の母親が福原さんを「金の卵を産むニワトリ」と表現したとの報道があることも伝えた上で「福原さんが『金の卵』を産めなくなってしまったら、江一家は『金のニワトリ』を解き放つのだろうか」としている。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携