米教授の「慰安婦論文」効果?海外メディアが慰安問題を続々報道=韓国ネット「これを機に広まれば…」

Record China    2021年3月16日(火) 7時20分

拡大

12日、韓国・ノーカットニュースは「慰安婦は売春婦だとする米ハーバード大学のラムザイヤ教授の論文が、むしろ外国に慰安婦の実態を伝える役割を果たしている」と伝えた。写真は韓国の慰安婦歴史館。

2021年3月12日、韓国・ノーカットニュースは「慰安婦は売春婦だとする米ハーバード大学のジョン・マーク・ラムザイヤ教授の論文が、むしろ外国に慰安婦の実態を伝える役割を果たしている」と伝えた。

記事は「論文が物議を醸したことで、各国メディアが関連内容を集中的に報じている」とし、米国のCNN、AP通信、英国のガーディアン、インデペンデント、カタールのアルジャジーラが「ラムザイヤ教授が国際的な反発に直面している」「日本は1993年の河野談話で慰安婦動員の強制性を認めたが、最近はそうした歴史を隠そうと努力している」「国連は1996年に慰安婦は性奴隷だったと結論づける報告書を発表した」「日本も1993年の談話で強制性を認め謝罪したが、その後の指導者たちはこれを覆した」「ラムザイヤ教授の同僚の学者たちは、論文に歴史的根拠がないとして研究の真実性に疑問を提起した」「慰安婦問題は日韓関係の悪化の理由」「彼の論文が韓国の慰安婦をまた傷つけた」などの内容を伝えたことを紹介している。

また記事は、こうした流れの中で「歴史歪曲(わいきょく)論文が、むしろ慰安婦の惨状に改めて照明を当てる契機となった」との分析も出ているとし、「日本国内の学者や市民運動家もラムザイヤ教授を批判する声明を発表しており、ラムザイヤ教授は国際的な反発にさらされている状態」だとしている。ラムザイヤ教授自身はこの問題について特に釈明などをしていないが、ラムザイヤ教授の慰安婦論文を出版する計画だった学術誌は論文撤回の可能性を示唆しているという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「ハーバードの教授ともあろう人間が、一体いくら受け取ってこんな妄言を吐いているのか知りたい」「ラムザイヤ教授は学者の良心を売り渡した」など教授への批判だけでなく、「韓国の知識人、歴史学者たちは静かすぎやしないか」「韓国の学者は何をしている?」「ドイツは今も歴史を反省する姿勢を示し世界中から尊敬される国に変わったが、日本だけが歴史を歪曲している」「これを機に、世界中に慰安婦の実情が伝わるといい」「このでたらめ論文を機に、日本がどんなに多くの過ちを犯し反省しない民族かを伝え、国際的な恥をかかせないと」などのコメントが寄せられている。

その他「サンキュー、ラムザイヤ教授」「教授はノイズマーケティングを利用してこの問題を世界に伝えようとしたのかも」という意見も見られた。(翻訳・編集/麻江)

この記事のコメントを見る

「おうち時間」に差をつけよう!“中国最高”のアナウンサー「Aちゃん」と学ぶ書籍「おもてなし中国語」刊行!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携