日本でのぞき被害に遭った中国人留学生、「安全神話」があだに―華字メディア

Record China    2021年3月14日(日) 8時50分

拡大

10日、日本の華字メディア・日本新華僑報網は、日本で盗撮被害に遭った中国人女子留学生の経験談を紹介する記事を掲載した。

2021年3月10日、日本の華字メディア・日本新華僑報網は、日本で盗撮被害に遭った中国人女子留学生の経験談を紹介する記事を掲載した。

記事によると、日本語学校に通う19歳の女性・婷婷(ティンティン)さんは、両親の意向もあって将来的にルームシェアができるよう3DKの一戸建て住宅を借りて住んでいた。学校と家を往復する毎日で、かねてより日本は「安全天国」だと聞いていた婷婷さんは家の鍵を掛けずに外出することもあったという。

しかしある日の夜、風呂場で入浴していたところ、窓の外にぼんやりと人の顔があるのに気付いた。顔は気付いた瞬間に消え、驚きを覚えながらも「近視だから」と考えてその日はそのまま寝た。またある日、学校から帰ると部屋の椅子の位置が出かける前と変わっていると感じたが、「家には自分しかいないのだから、怖がる必要はない」と深く考えなかった。

そして別の日、入浴中にわずかに開けていた浴室の窓が少しずつ勝手に開いていくのを発見。タオルで体の全部を隠しながら窓の外を見ると、浴室を盗撮するためにスマートフォンを持った男が立っていた。

その瞬間、婷婷さんは大声で「助けて」と叫んだ。すると男は逃げていった。服を着て日本語が上手なクラスメートに頼んで警察に通報してもらった。やがてパトカーがやってきて、警察官から事情を聴かれ、現場の写真を撮られたのち、警察官と一緒に警察署を訪れた。警察官とともに、玄関の防犯カメラ映像を確認すると、中年の男がタバコを加えながら婷婷さんの部屋に4度も出入りし、リビングの椅子も動かしていた。

カメラの映像から、この男が1週間前から毎日のように婷婷さんの家に出入りし、寝室にまで入り込んでいたことが明らかに。婷婷さんはショックのあまりわなわなと地べたに座り込んでしまい、調書を取る段になって泣き出してしまったという。

警察は、婷婷さんの家に侵入し、浴室を盗撮していた日本人の男をすぐに特定し、逮捕したとのこと。婷婷さんは「あまりにも警戒心がなさ過ぎた。自分の身を守るということを理解していなかった」と後悔するとともに、他の留学生に対してくれぐれも自分の身を守るよう呼び掛けている。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携