米海軍司令官「中国が6年以内に台湾侵攻の恐れ」 、中国側のコメントは―中国メディア

人民網日本語版    2021年3月11日(木) 21時50分

拡大

中国外交部の10日の定例記者会見で、趙立堅報道官が米海軍司令官の発言に関する質問に答えた。写真は台湾総統府。

中国外交部の10日の定例記者会見で、趙立堅(ジャオ・リージエン)報道官が米海軍司令官の発言に関する質問に答えた。

【AFP通信】報道によると、米海軍のデービッドソン司令官は中国が今後6年以内に台湾に「侵攻」する恐れがあるとして懸念を表明した。中国国防部は1月、「台湾独立」は戦争を意味すると表明している。デービッドソン司令官の発言に対してコメントは。

【趙報道官】中国は台湾地区問題についてすでに繰り返し立場を明らかにしている。米側の一部の者は台湾地区問題を利用して「中国の軍事的脅威」を誇張し続けている。これは実際には米国自身の軍事費増加、軍事力拡張、この地域への干渉の口実を作るためだ。米側は冷戦のゼロサム思考を捨て、中国の発展と国防建設を理性的に受け止め、米中間の相互信頼及び地域の平和・安定に資することをより多く行うべきだ。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携