韓国の独島名商品、今度は焼酎、郵便番号入りで大手コンビニから3月中に発売

Record China    2021年3月11日(木) 13時10分

拡大

韓国で今度は独島(日本名・竹島)を冠した焼酎が登場した。名付けて「40240独島」。発売元は大手コンビニエンスストア「CU」で、「40240」は独島の郵便番号だ。写真は市販されている独島化粧品。

韓国が領有権を主張する独島(日本名・竹島)を冠した商品が多い中、今度は焼酎が登場した。名付けて「40240独島」。発売元は大手コンビニエンスストア「CU」で、「40240」は独島の郵便番号だ。

朝鮮日報によると、「40240独島焼酎」は国産米と鬱陵島の海洋深層水を原料として造られた蒸留式のプレミアム焼酎。容器の外側に火山島である独島のごつごつとした感じを簡潔なグラフィックスで表現している。

CUでは今年3月1日の三・一節(日本からの独立運動記念日)に2本入りを3100セット限定販売したが、3日目で完売したことから、3月中の正式発売を決めた。アルコール度数は17.3度で容量は375ミリリットル、価格は3500ウォン(約330円)という。

「40240独島」はイム・ジンウク元東亜運輸代表取締役が企画し、江原道の伝統酒醸造所「雪岳プロバンス梨花村」が生産する。イム元代表は2010年代半ば、自身が経営していた東亜運輸所属の市内バスに独島の郵便番号と太極旗(韓国国旗)マークなどを付けて話題になったこともある。

発売される焼酎はイム元代表の「799-805独島ワイン」に対するオマージュ的な性格を有する。独島ワインは2012年に米国在住の韓国系の人々が独島の存在を世界に知らせようとカリフォルニア州ナパバレーで生産したワインに、独島焼酎と同様に商品名として当時の独島の郵便番号を入れて命名した。

イム元代表は「独島ワインを発案した韓国系の人々の話を最近聞いて感銘受け、醸造所と共同で独島焼酎を開発した。独島焼酎を通じて韓国の美しい島・独島を世界に知らしめ、わが国民の独島愛も大きくなったらと願っている」と語った。(編集/日向)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携