懲りずにまた?寄付金流用で裁判中の韓国の慰安婦支援施設前所長、今度は「慰安婦研究所」を立ち上げ物議

Record China    2021年3月10日(水) 12時0分

拡大

8日、韓国メディアによると、韓国の元慰安婦支援施設「ナヌムの家」の寄付金流用事件に関わったとして起訴された安信権前所長が新たに元慰安婦関連団体を設立し、物議を醸している。写真は「ナヌムの家」。

2021年3月8日、韓国・ノーカットニュースによると、韓国の元慰安婦支援施設「ナヌムの家」の寄付金流用事件に関わったとして起訴された安信権(アン・シングォン)前所長が最近新たに元慰安婦関連の団体を設立して活動を再開させ、物議を醸している。

記事によると、安前所長は先月22日、慰安婦問題解決に向けた資料の調査と研究を目的とする機関「日本軍性奴隷被害者研究所」を設立した。公式ウェブサイトには元慰安婦の描いた絵や、慰安婦問題に関する安前所長の手書きの論文などが掲載されているという。

安前所長は「『ナヌムの家』を昨年辞めてから被害者のために何ができるか悩んできたが、20年の経験と専門性を生かして個人的に研究所を設立した。あくまでも非営利目的の団体だ」と説明したという。

ところがこれに対し、一部からは「裁判中に慰安婦関連の団体を設立するのは不適切だ」と指摘する声が上がっている。「ナヌムの家」関係者は「(元慰安婦の)おばあさんの寄付約定書を偽造し遺産を奪った疑いで起訴されている人がまた被害者団体を作った」とし、「おばあさんたちのための活動をして裁判を有利に進めたい目的のように思える。最後まで被害者を利用しようとしている」と批判したという。

韓国のネットユーザーからも「元慰安婦を利用して豪遊するのがそんなに楽しかった?」「味を占めたようだね」「おばあさんたちがかわいそう。これ以上利用しないで」と訴える声が上がっている。

また、「元慰安婦を利用して国会議員になる人だっている。それに比べればかわいいもの」とため息交じりの声も見られた。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携