東京で五輪中止求めるデモ行進=中国ネットでも「中止すべき」「中止の必要ない」意見割れる

Record China    2021年3月8日(月) 20時20分

拡大

7日、頭条新聞は、東京で東京五輪・パラリンピックの中止を求めるデモ行進が行われたと報じた。写真は日本オリンピックミュージアム。

2021年3月7日、中国メディアの頭条新聞は、東京で東京五輪・パラリンピックの中止を求めるデモ行進が行われたと報じた。

記事は、東京で6日に市民が東京五輪・パラの開催中止を求めるデモ行進を行ったと紹介。現場ではプラカードや横断幕を掲げながら「五輪中止」と叫ぶ様子や、日本オリンピック委員会前に設置されている五輪のモニュメントにブルーシートを掛けるなどのパフォーマンスが見られ、警察官50人が出動して現場の秩序の維持に当たっていたと伝えた。

また、デモが行われる前日の5日には、橋本聖子東京五輪・パラ組織委員会会長が今夏の五輪・パラ開催を明言したことを紹介している。

この件について、中国のネットユーザーは「中止がベスト。ウイルスをばら撒くな」など、中止や再延期を求める感想を多く残している。一方で、共感を多く集めているのは「無観客で、選手にはPCR検査を実施し、必要以上の接触を減らしてやればいい。中止する必要はない。アスリートの4年間を無駄にするな」「やめる必要はない。やめたら(北京)冬季五輪もどうなるかわからない」など、最善を尽くして開催すべきだとのコメントだ。

このほか、「歴史上で最も不安定な五輪だな」「政府は頭を下げてでも五輪をやろうとし、民衆はやめろとデモを起こす」「なんと言っていいか分からないが、それぞれの人にそれぞれの立場があるということかな」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携