南シナ海の東沙諸島、中国軍機飛来し台湾は射撃訓練、「海峡危機の潜在的発火点」と米誌

Record China    2021年3月6日(土) 19時0分

拡大

台湾が実効支配する南シナ海の東沙諸島。付近の台湾ADIZには中国軍機が頻繁に飛来し、台湾は実弾射撃訓練を行っている。米誌は「台湾海峡危機の潜在的発火点」と報じた。東沙諸島

南シナ海に浮かぶ東沙諸島が中国と台湾の間で新たな焦点になりつつある。東沙諸島は台湾が実効支配しているが、中国軍機が最近、頻繁に飛来して来る台湾の防空識別圏(ADIZ)南西部に位置する。台湾側も沖合で実弾射撃訓練を行うなどして中国をけん制。米紙は「台湾海峡危機の潜在的発火点」とも報じた。

東沙諸島は南シナ海の北東にある環礁。東沙島だけが平坦な「島」だ。約1500メートルの滑走路があるが、島の大きさは約2800×860メートルしかない。台湾の海巡署(海上保安庁に相当)職員や研究者が常駐。一般住民はいない。

地理的に中国沿岸から近く、台湾本島からは遠い。台湾本島からは約410キロで広東省の汕頭からは約260キロ。現在は台湾の海軍陸戦隊も守備に就いているとされる。

東沙諸島をめぐっては昨年5月、共同通信が「中国人民解放軍が8月に中国南部・海南島沖の南シナ海で、東沙諸島の奪取を想定した大規模な上陸演習を計画している」と報道し、注目を集めた。記事は「東沙諸島は中国海軍の基地がある海南島から台湾南方のバシー海峡を経て太平洋へ向かうルート上にあり、中国軍が太平洋に進出するため戦略的に重要。中国初の国産空母『山東』も海南島の基地に配備されており、中国軍にとって東沙を制する必要性が高まっている」とも伝えた。

10月には東沙島に補給物資を運ぶ台湾の航空機が高雄から離陸したが,香港の航空管制から「安全を保障できない」と通告され,やむなく引き返した。軍事専門家は「中国軍がいつでも東沙の補給路を断つこともできるし,奪取しようと思えばできる状況にある」とみている。

台湾・中央通信社によると、海巡署東南沙分署は1日、東沙島沖で実弾射撃訓練を実施した。台湾南西のADIZには中国軍機の進入が相次いでいることから、各種の状況に備えるためとされ、9日にも東沙島沖で実弾射撃訓練を予定している。国防部(国防省)が公表している軍事動向によれば、中国の各種軍用機は東沙諸島にも接近したことがあり、地域の平和や安定に緊張が生じている。

米紙ニューズウィークに寄稿した東京外国語大の小笠原欣幸教授(台湾政治)は「現時点では中国が台湾侵攻作戦を敢行する可能性は低い。それは台湾軍の抵抗、米軍の介入、国際社会での反中感情の高まりが予想されるからである」と指摘。その一方で「今年7月の中国共産党創設100周年、そして来年の第20回共産党大会を『中国の夢』で壮大に演出したい習近平国家主席は台湾問題で何らかの『成果』を示したいであろう。そこで浮上してくるのが東沙諸島だ」と述べた。(編集/日向)

この記事のコメントを見る

「おうち時間」に差をつけよう!“中国最高”のアナウンサー「Aちゃん」と学ぶ書籍「おもてなし中国語」刊行!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携