いじめの過去を暴露された韓国人俳優、事実を認め謝罪=韓国ネットは怒り収まらず「引退するべき」

Record China    2021年3月5日(金) 0時20分

拡大

過去の校内暴力疑惑で物議を醸していた俳優のジスが、事実を認め謝罪文を掲載した。韓国のネットユーザーは引き続き怒りの反応を見せている。資料写真。

2021年3月4日、韓国朝鮮日報によると、俳優のジス(27)が過去に犯した校内暴力の事実を認めて謝罪した。

ジスは4日、自身のSNSに手書きの謝罪文の写真を掲載し、「私のせいで苦しんだ方々に心から謝罪する」と語った。

そして「過去の非行については全く弁解の余地もない」「許されない行為だった」とし、「俳優業を始めて以来、過去を隠したまま皆様から身に余るほどの関心を寄せて頂きここまで来たが、心の片隅には過去に対する罪悪感がいつも存在しており、手遅れとも言える後悔の念が、大きな不安となって押し迫ってきた。暗い過去に押し潰されそうだった」と続けた。

また、「俳優として活動する私の姿を見ながら長く苦しまれた方々に深く謝罪し、一生拭えない過去を悔やみ反省していく」とし、テレビ局や制作陣、共演者、ドラマ関係者に対する謝罪の言葉も掲載した。

ジスは2月に放送を開始したKBS のドラマ「月が浮かぶ川」に、男性主人公オンダル役で出演しているが、KBSはまだコメントを発表していないという。

韓国のインターネットコミュニティーでは2日、「俳優のジスは校内暴力の加害者です」という題名の文章が投稿され、被害に遭ったという人からの書き込みが相次ぎ、一気に騒動が広まっていた。「教室のごみ箱に放尿していた」「中学1年生の体験学習の帰りに、地下鉄内で気分が悪いからと平手打ちされた」「試験用紙を渡されて、代わりに試験を受けた」などの内容であり、同性に性的暴行を犯していたという主張や、当時の異性関係を暴露する文章も投稿されたとされる。

この報道に対し、韓国のネットユーザーからは「なぜみんなバレた後で、許されない行為だったと気付くんだ?一生大人しく過ごせばいい」「反省してると言って芸能活動を続けるのはおかしい」「芸能界を引退するとは言わないのか?」「暴露文を見る限り、俳優どころか今すぐ収監されるべき人間」「まだ軍隊に行ってなかっただけ幸いだ。行っていたら後輩をいじめて自殺に追い込んでいたかも」など怒りの声が寄せられている。

また、「最近暴露が続いているいじめ問題によって、今の子どもたちが世の中に身勝手が許される人間はいないと分かってくれたらいい」「過去の浅はかな行動で身を滅ぼすこともあると、子どもたちは認識しておくべき」など、教訓を学ぶことを望む意見も見られた。(翻訳・編集/丸山

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携