福原愛さんの不倫疑惑報道、日本と中国で反応が違うのはなぜ!?

Record China    2021年3月4日(木) 11時50分

拡大

中国で活躍する日本人ドキュメンタリー監督が3日、福原愛さんの不倫疑惑報道をめぐる日中のネットユーザーの反応の違いを指摘した。

中国で活躍する日本人ドキュメンタリー監督が3日、福原愛さんの不倫疑惑報道をめぐる日中のネットユーザーの反応の違いを指摘した。

「僕がここに住む理由」「お久しぶりです、武漢」などの作品が中国で大きな注目を集め、中国外交部報道官からもたびたび称賛されているドキュメンタリー監督の竹内亮氏は、3日に中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントで今回の騒動に触れた。

竹内氏は「日本のネットユーザーは福原愛さんを猛烈に批判しているが、中国のネットユーザーのコメントには彼女を批判するものはほとんどない」と説明。ある日本のネットユーザーから「夫や子どもを放り出して一人で日本に戻り、若い男とデート。この行為は母親としても女性としても失格」とのコメントが書き込まれたことを紹介した上で、「日本では男性が浮気した場合、『子どもを放り出して』の部分を気にする人は少ない。日本社会では夫婦共働きだったとしても、子どもの面倒を見るのは母親の仕事という考え方だ」とつづった。

この投稿は大きな反響を呼び、すでに5万件近い“いいね”が付いている。中国のネットユーザーからは、「日本社会は女性に対する悪意が大きすぎる」「個人的に日本人の(その)考え方には問題があると思う」「日本での女性の地位は本当に…」「日本人女性は本当に虐げられている」などのコメントが寄せられた。

一方で、中国で福原さんを擁護する声が多いことについては、「夫の江宏傑(ジアン・ホンジエ)が妊娠中に暴言を吐いたと報じられているから」「これまでの報道を総合すると、夫の方の問題が大きそうだから」「二人の結婚に問題が生じたのは愛ちゃん一人の問題ではないから」などの声が上がっている。

このほか、「中国人は彼女の夫に対する不満が大きいからね(笑)」「私たちは福原愛を自分の家の娘だと思っているから。日本は彼女を出て行った者と見ているのだろう」「これは性別の地位の問題とは関係ない。中国人は愛ちゃんが好きなだけ。無条件で溺愛」などの意見も寄せられている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携