福原愛さんの義姉は“モンスター”、友人「要求に従わないと…」―台湾メディア

Record China    2021年3月4日(木) 15時20分

拡大

福原愛さんが夫の江宏傑とその家族からの「モラハラ」が原因で離婚を決意したと報じられたことについて、台湾メディアは、福原さんの義姉がモンスターだということは1年以上前に明らかにされていたと伝えた。

福原愛さんが夫の江宏傑(ジアン・ホンジエ)とその家族からの「モラハラ」が原因で離婚を決意したと週刊誌で報じられたことについて、台湾メディアの中時電子報は3日、福原さんの義姉がモンスターだということは1年以上前に明らかにされていたと伝えた。

記事は、福原さんが知人男性と「カップルのようにデートし、同じホテルに宿泊したことで不倫疑惑が浮上している」とする一方、「福原愛が長い間、夫から言葉の暴力を受けていたことが明らかになった」とし、その中で江の姉である江恆亘(ジアン・リガ)も非難の対象となったと伝えた。

そして、「週刊文春」では、江宏傑が福原さんを「売女(ばいた)」とののしったほか、義姉の江恆亘が夫婦の私生活の様子を撮影した写真を勝手にSNSに投稿したり、わざわざ電話をかけてきて「あなたのせいで家の雰囲気が悪くなる」と罵倒されたりしたと報じられていることを紹介。また、このことを相談した夫からも冷たくあしらわれ、福原さんはストレスのために体重が10キロも減ったとも報じられていることを説明した。

その上で、2019年に江恆亘が芸能界にデビューした際に「週刊文春」が福原さんとの不仲を報じており、「39歳のモンスター義姉」と表現していたこと、江宏傑も福原さんに義姉の要求を断ってはいけないと諭していたことを紹介。この件について、当時、台湾メディアの三立新聞網が江恆亘の友人を取材したところ、この友人が「(週刊文春の報道は)意外ではない」とし、「江恆亘は以前からひどい『お姫様病』を患っている。自分が一番でなければ気が済まず、要求に従わないと怒ったりするので付き合いづらい。私も敬遠している」と話していたことを伝えた。

記事は、「江恆亘は疑惑を否定していたものの、夫との離婚問題が持ち上がったことで『モンスター義姉』問題も再び取り沙汰されることになった」と報じている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携