中国国務院台湾事務弁公室「台湾産パイナップル輸入停止は完全に合理的で必要」―中国メディア

人民網日本語版    2021年3月3日(水) 1時0分

拡大

中国の税関総署が台湾産パイナップルの輸入停止を発表すると、台湾民進党当局は中国の政治的抑圧として非難した。資料写真。

中国の税関総署が中国の台湾産パイナップル輸入停止を発表すると、台湾民進党当局は中国の政治的抑圧として非難した。これについて、中国国務院台湾事務弁公室の朱鳳蓮(ジュウ・フォンリエン)報道官は1日、質問に回答し、「税関総署が2021年3月1日から中国の台湾産パイナップル輸入停止を決定したのは、正常なバイオセーフティー上の防備措置であり、完全に合理的で必要なものだ」とした。新華社が伝えた。

朱報道官は、「税関が法に基づき輸入農産物に対して検査・検疫を実施するのは、関係する法規と基準の要求を執行するものであり、植物を通じた感染リスクを防止し、人々の権利・利益を保障する上で必要なことでもある。しかし民進党当局は故意に事実を歪曲し、技術的問題を悪意を持って解釈し、これによって大陸部を非難し、イメージを毀損している。これは、両岸に関わる事であれば全て悪意ある扱いをするという彼らの一貫したやり方を存分に露呈しており、彼らには実際の問題を解決する意図も能力もなく、中国を中傷することで自らの責任を逃れることしかできないということを物語っている」とした。

また、「農産物の安全問題は農業の生産、生態の安全、食品の安全、人々の権利・利益と密接に関わっている。われわれは一貫して非常に重視しており、引き続き厳格な措置を講じて管理・コントロールを行う」とした。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携