【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

「成人向け」撲滅キャンペーンで日本人女優を一掃、偽アカウントも続々登場―中国

配信日時:2014年4月28日(月) 23時4分
「成人向け」撲滅キャンペーンで日本人女優を一掃、偽アカウントも続々登場―中国
画像ID  419684
27日、インターネットサイトを対象にした「掃黄打非(成人向けサイト、違法画像取り締まり)」キャンペーンで、成人向け作品に出演する日本人女優たちの中国版ツイッターのアカウントが次々に削除されている。写真は蒼井そら。
2014年4月27日、インターネットサイトを対象にした「掃黄打非(成人向けサイト、違法画像取り締まり)」キャンペーンで、成人向け作品に出演する日本人女優たちの中国版ツイッターのアカウントが次々に削除されている。人民日報(電子版)が伝えた。

その他の写真

中国公安部や国家インターネット情報弁公室など、4つの国家機関が今月からスタートさせたのが、「掃黄打非・浄網2014」と銘打った撲滅キャンペーン。これにより、日本で成人向け作品に出演する女優や男優の中国版ツイッターのアカウントが相次いで削除されている。なお、中国で人気のタレント・蒼井そらのアカウントはそのまま続行されており、中国のファンからは「頑張れ」の声援も送られている。

しかしこれにより、削除された女優や男優を名乗る新規アカウントが続々と出現。取り締まり対象となっているインターネットサイトでは、ユーザーからの通報システムを強化しているが、削除してもまた出現するイタチごっこのような様相を呈している。

最多ユーザーを抱える中国版ツイッター・微博(ウェイボー)を運営するポータルサイトの新浪は27日、監督不行き届きがネット情報の低俗化を招いたとして、謝罪文を発表。「掃黄打非・浄網2014」への協力と支持を強調している。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事