中国が輸入停止のパイナップルを大量購入、男性歌手ショウ・ルオに「中国と縁切り」の声も

Record China    2021年3月2日(火) 14時20分

拡大

中国が台湾産パイナップルの輸入を一時停止すると発表したことで、男性歌手のショウ・ルオが自腹を切って200箱を購入。中国のネットユーザーからは「縁切りの印」などと批判の声が上がっている。

中国が台湾産パイナップルの輸入を一時停止すると発表したことで、男性歌手のショウ・ルオ(羅志祥)が自腹を切って200箱を購入。中国のネットユーザーからは「縁切りの印」などと批判の声が上がっている。

中国税関総署が先月26日、台湾産パイナップルから有害生物を検出したとして、3月1日からの輸入を一時停止すると発表。台湾行政院の農業委員会によると、昨年は生産量の約9割が中国に輸出されており、生産農家が大打撃を被ることとなった。

男性歌手のショウ・ルオがこのほど、元マネジャーが発起人となったパイナップル農家を救う慈善活動に賛同し、200箱を一気に購入。活動のPR役としても貢献している。

ショウ・ルオは昨年4月、交際相手だった中国の網紅(オンラインセレブリティ)の女性がSNSで、乱れた私生活を暴露する投稿を行ったことがスキャンダルに発展し、深刻なイメージダウンを招いた。タレントの不祥事に厳しい中国で出演番組を失い、損失額について当時10億円以上に上るとも話題になった。その後、本格復帰には至っていないが、先月末にはYouTubeに場所を移して10カ月ぶりの活動開始を報じられている。

今回のパイナップル購入について、中国のネットユーザーからは批判の声が上がっている。近年は中国を拠点にしていたショウ・ルオが、中国政府の措置に不満を示すような行動に出たとして、「中国との縁切りを表明する行為」「これで中国では二度と活動できない」などといったコメントが。さらには昨年は複数の女性関係が話題になったことから、「パイナップルには強精剤の効果があるのか?」とやゆする声や、「イメージ回復に必死だ」といった声も上がっている。(Mathilda

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携