2020年度の「ウェイボー白書」を公開、ワン・イーボーが「影響力」や「広告数」で第1位に

anomado    2021年2月28日(日) 20時30分

拡大

26日に公開された中国版ツイッター最大手・新浪微博(ウェイボー)による2020年度版白書の中で、歌手で俳優のワン・イーボーが影響力を示す「社交熱度」ランキングなど3つの部門で1位を獲得している。

26日に公開された中国版ツイッター最大手・新浪微博(ウェイボー)による2020年度版白書の中で、ドラマ「陳情令」などで知られる歌手で俳優のワン・イーボー(王一博)が影響力を示す「社交熱度」ランキングなど3つの部門で1位を獲得している。

ウェイボー白書は1年間の総括として、新浪微博が毎年発表している。26日、2020年度に新浪微博を利用した約6000名の芸能人を対象にした各種ランキングが公開された。

芸能人の投稿文について、その閲覧量やコメント数、シェア数などウェイボーでの影響力をビッグデータから分析し、ポイント化した「社交熱度」ランキングでは、94.17ポイントを獲得してワン・イーボーが第1位となった。公開データでは閲覧量が92.8億回、「いいね」の数やコメントを集計した数字が3.8億回と紹介されている。

また、ウェイボーでホットワードとして話題や名前が検索された芸能人の「捜索熱度」ランキングでもワン・イーボーが第1位に。このほか、イメージキャラクターの起用数をランキングにした「代言量」ランキングでも、2020年に計26社(現在は28社)に起用されたワン・イーボーが第1位となっている。なお、ワン・イーボーは2020年、広告に起用された企業のPR投稿を98回にわたって行っており、「商業価値」ランキングでも第5位に入っている。(提供/華流・anomado

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携