禰豆子のコスプレで「紅蓮華」演奏が1380万回再生!台湾女性YouTuberの人気の秘密とは?

Record China    2021年2月25日(木) 21時20分

拡大

日本でも大人気の台湾女性YouTuberの人気の秘密について、現地のネットユーザーの間で議論が起きている。

日本でも大人気の台湾女性YouTuberの人気の秘密について、現地のネットユーザーの間で議論が交わされたようだ。

話題の女性はYouTube上で「Pan Piano」というチャンネルを運営している小P(Pちゃん)さん。コスプレをして人気アニメの曲などをピアノで演奏する様子を撮影し、アップしている。動画では首から下のみで、顔は映っていない。ピアノの腕もさることながら、スタイルの良さと露出度の高いコスプレ衣装も注目されており、現在YouTubeのチャンネル登録者数は207万人に上る。アニメ「鬼滅の刃」のキャラクター・竈門禰豆子のコスプレをして演奏したオープニングテーマ「紅蓮華」の動画は、これまでに1380万回以上再生されている。投稿は主に日本語と英語で行っており、コメント欄には日本語による書き込みが多い。

台湾メディア・聯合新聞網の20日付の記事によると、そんな小Pさんがこのほど、台湾の有名なネット掲示板PTTで話題になった。スレッド主は最近このチャンネルを「発見」したとのことで、「どの動画も再生数が50万回以上で、視聴者は世界中にいる。チャンネル登録者数もほかの有名YouTuberをとっくに超えている。しかも、物議を醸す事件も起こしていない」とし、「Pan Pianoはすでに押しも押されもしない台湾No.1女性YouTuberと言えるだろうか?」と質問した。

この投稿は他の台湾人ユーザーから大きな反響があったようで、「彼女は市場を獲得する方法を知っている。EQ(心の知能指数)が高く、映像も美しい」「問題になることもしないし、企業と組むこともない。聞いても見ても楽しめる」「彼女は国際的YouTuber」「重点は日本市場でしょう」「唯一、音無しでも見ていられるチャンネル」「マジレスすると、彼女のやり方は本当に革新的」「彼女にノーベル平和賞をあげるべき」といったコメントが寄せられたという。

また、小Pさんの人気の秘訣について、「一番すごいのは顔を出さないところ」「台湾初の顔を出さないYouTuberだ」「彼女が顔を出したら僕はチャンネル登録を外すよ」「顔を出さないというのが、人気が高い理由」といった声や、「彼女の動画において、言葉の壁というものは一切存在しない」「胸がポイント」「彼女は日本で最も人気の台湾人YouTuberと言っていいだろう。言葉なしで大衆を虜(とりこ)にした」など、露出度の高い衣装を挙げる声が多く出たという。

小Pさんが運営する公式サイト「Pちゃんの音楽工房」によると、小Pさんは幼い頃から音楽に親しみ、音楽スクールや音楽系の学校で学んできた。現在は、音楽を教える仕事をしているという。アニメや漫画は子どものころから好きで、小さい時は「ジョジョの奇妙な冒険」、成長してからは「ラブライブ!」が好きだったといい、自身でも「趣味がかなり幅広いですね(笑)」とつづっている。「音楽とアニメを結びつけられたら」「ピアノの素晴らしさを多くの人に知ってもらいたい」との思いから、アニメソングを通じたピアノ教育に取り組んでいるという小Pさん。今後の活動にも注目だ。(編集/北田

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携