日本が東京五輪開催を強行した場合に必ず直面する三つのリスク―中国メディア

Record China    2021年2月28日(日) 17時10分

拡大

日本の情報を伝える自メディア・日本二三事は23日、「日本が五輪開催を強行すれば三つのリスクに必ず直面する」と指摘する記事を掲載した。資料写真。

日本の情報を伝える自メディア・日本二三事は23日、「日本が五輪開催を強行すれば三つのリスクに必ず直面する」と指摘する記事を掲載した。

記事は「2021年夏に開催される東京五輪だが、ネットでは依然、中止のうわさが広がっている。日本が本当に五輪放棄を表明する時までうわさの真偽を知ることはできない」と述べ、今年五輪が開催されるという前提の下で日本が直面するリスクについて論じると説明。最初に思いつくリスクとして「費用問題」に言及し、第2、第3のリスクに「コロナ感染の流行」「五輪イメージと価値」を挙げた。

費用問題について記事は「正常な状況下での開催ならコロナ感染対策に非常に多くの投入を必要としないが今年は違う」と指摘。参加選手の規模や観客とボランティアの存在にも触れ、「これだけの大規模なスポーツイベントで防疫体制をいかに構築するかは日本を試す、一つの難題だ。防疫体制の構築には金銭の投入が必要となる」と論じた。さらに、「日本の多くの国民が五輪開催に反対するのは『誇り』がほしくないからではなく、負担する費用が多すぎるからだ。その上、今年の情勢に照らし合わせると五輪がもたらす経済効果には限りがある。五輪を念頭に置いた観光、投資プロジェクトも今は困難な状況だ」と主張した。

また、2番目の「コロナ感染の流行」については「現在、日本政府も組織委員会も具体的な感染予防体制を打ち出していない。感染をどうやって防ぐのか依然未知数だ」と述べ、多くの人が集まる大規模イベントを開けば集団感染が起こる可能性は低くないと指摘。3番目の「イメージと価値」に関してはワクチンに言及し、「もし絶対に開催するというのであれば、日本はワクチンを五輪に大規模投入するかもしれない。その負の影響を受けるのは一般の人々だ」などと論じた。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携