韓国ドラマ「ヴィンチェンツォ」に中国を侮辱するセリフ?―中国メディア

Record China    2021年2月24日(水) 8時40分

拡大

韓国tvNやNetflixで放送が開始された韓国ドラマ「ヴィンチェンツォ」の1話に、中国を侮辱するようなセリフがあったのではないかとする指摘が中国で出ているという。

韓国tvNやNetflixで放送が開始された韓国ドラマ「ヴィンチェンツォ」の1話に、中国を侮辱するようなセリフがあったのではないかとする指摘が中国で出ているという。

「ヴィンチェンツォ」は、マフィアの顧問を務める韓国系イタリア人の弁護士、ヴィンチェンツォ・カサノ(ソン・ジュンギ)が、母国韓国で繰り広げる壮絶な戦いを描く作品。

中国のニュースサイト、観察者網に21日付で掲載された記事によると、1話の冒頭で、ヴィンチェンツォが、ボスであり養父でもあるファビオの遺言を実行するために、ボスの兄弟分を殺してブドウ農園を手に入れたエミリオを訪ねた際、エミリオがイタリア語で東洋人を卑下する言葉を発した。

中国のネット上には、このエミリオのイタリア語のセリフについて、韓国語の字幕では「この傲慢(ごうまん)な東洋人が」となっていたが、実際に話していたのは「国へ帰れ、この死にぞこないの中国人が」に相当する言葉だったのではないかとの指摘が書き込まれているという。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携