韓国名門大学の教授がハーバード大学教授の「慰安婦は売春婦」論文を擁護=学生は謝罪と罷免求める

Record China    2021年2月24日(水) 13時20分

拡大

22日、複数の韓国メディアによると、韓国・漢陽大学の教授が、物議を醸しているハーバード大学教授の「慰安婦論文」を擁護する趣旨の寄稿文を掲載し、学生から批判の声が上がっている。 写真は漢陽大学。

2021年2月22日、中央日報など複数の韓国メディアによると、韓国名門・漢陽大学の教授が、物議を醸しているハーバード大学教授の「慰安婦論文」を擁護する趣旨の寄稿文を掲載し、学生から批判の声が上がっている。

記事によると、漢陽大学政治外交学科学生会とイ・ギョンソク奨学会は、同学科のジョセフ・イー准教授の謝罪と罷免を要求する署名運動を行っている。学生会らは「ジョセフ・イー准教授が最近、『慰安婦は売春婦』という妄言で論議を呼んだハーバード大学のラムザイヤ教授の主張を擁護するかのような寄稿文を米メディアに投稿した」とし、「2016年から講義中に慰安婦被害者を冒とくするような発言を繰り返しているが、被害者に対する謝罪や反省の意思が全く見られない」と主張しているという。

また、漢陽大学についても「当該教授の雇用反対や罷免を求める学生の要求を受け入れず、『再発防止策に取り組む』という言い訳ばかりだった」と指摘し、大学当局に抗議する計画を明らかにしたという。

ジョセフ・イー准教授は最近、韓国私立最高峰の延世(ヨンセ)大学アンダーウッド国際大学(講義が全て英語で行われる大学)のジョー・フィリップス准教授と共に、米外交専門誌・ディプロマットに「慰安婦と学問の自由について」と題する寄稿文を投稿した。寄稿文は「われわれは韓国に基盤を置く学者であり、ラムザイヤ教授の昨今の論文を非難せず討論することを促す。当該論文をめぐる論争は、慰安婦問題に関する討論スペースがどれだけ制限されているかを示している」と主張。さらに「日本との個人的な関係性を理由にラムザイヤ教授の学問的な真実を攻撃するのは非生産的なことであり、外国人嫌悪のように聞こえる」と指摘したという。

これを受け、韓国のネット上では「教授だからと言ってその意見が全て正しい訳ではない」「学問の自由?。歴史的な事実を否定することのどこが学問の自由なの?」「(ラムザイヤ教授の論文は)学術的根拠も学問の保護も必要ない、ただ自分の地位を利用した妄言。その妄言を擁護する寄稿もまた妄言にすぎない」など批判が相次いでいる。

また「こんなまねをしても大学教授としていられるのは、大学を冒とくしてるようなもの。大学側は絶対に罷免すべき」「反論論文を書けばいいこと。学問的に反論できなければ、結局時間の経過と共に薄れてしまう。いくら韓国でデモや記者会見を行ったところで、束の間のニュースのネタにしかならない」などの声も。

さらに、支援金流用などの疑いで起訴されている慰安婦支援団体の前理事長で現職国会議員の尹美香(ユン・ミヒャン)氏と関連して「元慰安婦を食い物にしたのは尹美香議員。論文を書いた教授より悪いと思う」という声の他、「韓国は反日精神病を患っている」「韓国で慰安婦問題はまるで聖域のようになっている」と警鐘を鳴らす声も見られた。(翻訳・編集/松村)

この記事のコメントを見る

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携