中国の新型コロナワクチン、16種類が臨床試験を展開―中国メディア

人民網日本語版    2021年2月22日(月) 19時50分

拡大

すでに条件付きで承認されている中国の2種類の新型コロナウイルスワクチンが販売され、緊急承認された5本の技術ロードマップの計16種類のワクチンの臨床試験が展開されている。資料写真。

中国国家薬品監督管理局が19日に明らかにしたところによると、すでに条件付きで承認されている中国の2種類の新型コロナウイルスワクチンが販売され、緊急承認された5本の技術ロードマップの計16種類のワクチンの臨床試験が展開されている。うち6種類はすでに3期臨床試験を展開している。中国放送網が伝えた。

すでに条件付きで販売を承認されている中国の2種類の新型コロナウイルスワクチンは、国薬集団中国生物の新型コロナウイルス不活化ワクチンと、北京科興中維生物技術有限公司の新型コロナウイルス不活化ワクチン「克爾来福」で、それぞれ2020年12月30日と今年2月5日に承認された。

この2種類の販売されたワクチンはいずれも不活化ワクチン、培養後に殺したウイルスで作成したワクチンで、技術が相対的に成熟している。狂犬病ワクチン、小児麻痺予防のポリオワクチン(注射)、三種混合ワクチン(百日せき、ジフテリア、破傷風混合ワクチン)のいずれも不活化ワクチンだ。

国務院共同予防・抑制メカニズム科学研究チームワクチン研究開発活動チーム長の鄭忠偉(ジョン・ジョンウェイ)氏は以前、「安全性と有効性はワクチンを評価する上で最も重要な二つの指標だ。不活化ワクチンは百年以上、延べ百億人ほどに使用されており、その安全性、有効性、アクセス可能性は時間と科学によって検証されている」と述べた。

科学技術部が公開した情報によると、不活化ワクチン以外にも、中国は同時進行させている4本の技術ロードマップには、組換えタンパクワクチン、アデノウイルスベクターワクチン、弱毒化インフルエンザウイルスベクターワクチン、核酸ワクチンが含まれる。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携