集団暴行受ける仲間を助けようと車で突っ込むも、誤って仲間をひき殺す―中国

Record China    2021年2月22日(月) 17時20分

拡大

21日、観察者網は、広東省で集団暴行を受けていた男性を助けるべく仲間が現場に自動車で突っ込んだところ、誤って男性をひき殺す事案が発生したと報じた。

2021年2月21日、観察者網は、広東省で集団暴行を受けていた男性を助けるべく仲間が現場に自動車で突っ込んだところ、誤って男性をひき殺す事案が発生したと報じた。

記事は、同省廉江市にある酒場の入り口付近で20日未明に集団暴行事件が発生したと紹介。現場を撮影したカメラ映像には男性1人が数人に取り囲まれ、罵声を浴びながら殴る蹴るの暴行を受ける様子が記録されていたことを伝えた。

そして、程なくして男性が暴行を受けていた場所のすぐ傍に止めてあった自動車が急発進して人の輪の中に突っ込み、暴行していた人物らを蹴散らせた一方で、被害を受けていた男性の上に誤って乗りそのまま数メートル引きずった。

記事によれば、自動車を運転したのは男性の仲間だったが、男性が倒れている位置をしっかり把握しないまま車を突っ込んだことで誤ってひいてしまったという。男性は病院に運ばれたが、死亡した。現地公安当局は20日午後、自動車を運転した呉(ウー)容疑者を含めた8人の身柄を拘束したことを、SNSを通じて明らかにしている。

この件について、中国のネットユーザーは「この場合、責任についてはどう判定するのだろうか」「怖いのは神のような敵ではなく、ブタのような味方ということだな」「刑法学の試験で取り上げられそうな事案だ」「結局のところ、酒は人を害するということだよ」「集団暴行の仕方があまりにもひどい」「仲間は過失致死、相手は故意傷害だろう」といったコメントを残している。

また、「大の大人なら見えると思うが。わざとひいたのではないか」「ああ、どうしても運転していた彼が『仲間のことを見えなかった』と言うのが信じられない」という感想も一部で見られた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携