韓国免税店「コロナ下で中国のソーシャルバイヤーなしではやっていけない」―中国メディア

Record China    2021年2月22日(月) 6時20分

拡大

中国紙・環球時報のニュースサイトは20日、韓国の免税店から「コロナ下で、われわれは中国の数百人の代購(ソーシャルバイヤー)によって養われている」との声も聞かれていると報じている。資料写真。

中国紙・環球時報のニュースサイトは20日、韓国の免税店から「コロナ下で、われわれは中国の数百人の代購(ソーシャルバイヤー)によって養われている」との声も聞かれていると報じている。

代購とは、売れ筋の商品を韓国や日本に自ら出向いて購入したり、韓国や日本から取り寄せたりするなどして、中国国内のネットショップやSNSで転売し、その際の手数料を収益にしている人のことだ。

記事によると、韓国国内の免税店の2020年の来店者は前年の22%に相当する1066万9000人にとどまり、売上高は前年比37.7%減の15兆5051億ウォン(約1兆4600億円)だった。

そうした中、中国の消費者が「貢献した」売上高は韓国の免税店の総売上高の93%を占めており、中国の代購の「大軍」が危機的状況にある韓国の免税業界を救ったことになる。

免税店関係者からは「昨年、新型コロナウイルスの感染拡大で多くの免税店が閉店の瀬戸際に追い込まれた。われわれは何百人もの中国の代購によって養われていると言える」との声も上がっているという。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携