仏専門家「中国の新型コロナワクチンを選びたい」―中国メディア

人民網日本語版    2021年2月18日(木) 20時40分

拡大

感染症専門家及び微生物学者のディディエ・ラウール氏が仏CNEWSの単独インタビューに応じた際に、記者から「mRNAワクチンよりも中国の新型コロナウイルスワクチンの方を信頼するか」との質問が上がった。

仏エクス・マルセイユ大学医学教授で、有名な感染症専門家及び微生物学者のディディエ・ラウール氏は現地時間15日、仏CNEWSの単独インタビューに応じた際に、記者から「mRNAワクチンよりも中国の新型コロナウイルスワクチンの方を信頼するか」との質問が上がった。中央テレビニュースが伝えた。

ラウール氏は「個人的には中国の不活化ワクチンの方がより合理的だと信じている。これは私が熟知する技術ロードマップであるからで、そして不活化ワクチンであってもより論理的な方法で新型コロナウイルスの変異種に対応できると考えている。そのためもし選択できれば、中国の新型コロナワクチンを選択するだろう」と明言した。

現在までEUで販売の承認が得ている新型コロナワクチン3種のうち、メッセンジャーRNA(mRNA)技術を採用したのは2種。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携