中国とのデカップリング、米国の航空、半導体業界に数百億ドルの損失―全米商工会議所

Record China    2021年2月19日(金) 5時30分

拡大

全米商工会議所はリポートで、中国とのデカップリングは米国の企業に深刻な悪影響をもたらし、特に航空業界と半導体業界に重傷を負わせ、損失額はそれぞれ数百億ドルに上ると指摘しているという。資料写真。

中国共産党機関紙、人民日報海外版のニュースサイト海外網の18日付報道によると、全米商工会議所は17日発表したリポートで、中国とのデカップリング(切り離し)は米国の企業に深刻な悪影響をもたらし、特に航空業界と半導体業界に重傷を負わせ、損失額はそれぞれ数百億ドルに上ると指摘しているという。

それによると、「米中デカップリングを理解する」と題された88ページに及ぶリポートは、中国との完全なデカップリングが、米航空業界の年間売上高を380億~510億ドル(約4兆~5兆4000億円)失わせ、16万7000~22万5000の仕事を失わせると見積もっている。

また、中国への半導体販売の終了は、業界に830億ドル(約8兆8800億円)の収益と12万4000の仕事を犠牲にすることになるとも指摘しているという。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携