春節期間中の映画興収が1000億円を突破

CRI online    2021年2月18日(木) 14時50分

拡大

中国国家映画局の統計によると、16日までに、中国映画市場の2021年度の興行収入は100億元(約1600億円)を突破し、うち国産映画が96%以上を占めた。写真は中国の映画館。

中国国家映画局の統計によると、16日までに、中国映画市場の2021年度の興行収入は100億元(約1600億円)を突破し、うち国産映画が96%以上を占めた。春節(旧正月)の興行収入だけでも、16日午後2時の時点で65億元(約1040億円)を突破し、中国映画市場の1日当たり興行収入、世界の単一市場での1日当たり興行収入など、複数の記録を塗り替えた。

「今いる場所で春節を過ごそう」という呼びかけのもと、丑年の春節映画興行が注目されている。2月14日(旧暦1月3日)当日の興行収入は15億元(約240億円)に迫り、2月15日(旧暦1月4日)の1日当たりの興行収入は11億8000万元(約188億8000万円)に達し、旧暦1月1日から5日までの5日間は中国映画市場において史上初めて5日連続で興行収入が10億元(約160億円)を突破した。リアルタイムで公開されたデータによると、2月16日午後2時時点で、2021春節の総興行収入は65億元(約1040億円)を突破し、過去最高だった2019年春節の58億5900万元(約937億4400万円)を抜いた。

エンターテインメント系ウェブサイト「猫眼電影」の最新データによると、2月16日午前10時現在、今年の春節の興行収入は65億元を超え、過去最高となった。16日までの2021年度の中国映画興収はすでに100億元に迫り、トップ5は「僕はチャイナタウンの名探偵3(唐人街探案3)」(27億元=約432億円)、「你好,李煥英(Hi,Mom)」(13億600万元=約208億9600万円)、「送你一朶小紅花(A Little Red Flower)」(11億9500万元=約191億2000万円)、「SHOCK WAVE ショックウェイブ 爆弾処理班(拆弾専家)」(7億700万元=約113億1200万円)、「温暖的抱抱(Warm Hug)」(6億6900万元=約107億400万円)の順となっている。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携