中国、レアアースの輸出を制限することで米国防産業を制約できるか検討―仏メディア

Record China    2021年2月18日(木) 6時40分

拡大

仏RFIの中国語版サイトは16日、中国について、「レアアース(希土類)の輸出を制限することで米国の国防産業を制約できるかどうか検討している」と報じている。

仏RFIの中国語版サイトは16日、レアアース(希土類)について、「米国の防衛請負業者にとって極めて重要で、ロッキード・マーチンがF-35戦闘機などの先端兵器を製造する際に不可欠な素材だ」とした上で、「中国は、レアアースの輸出を制限することで米国の国防産業を制約できるかどうか検討している」と報じている。

記事はまず、「英紙フィナンシャル・タイムズが関係者の話として伝えたところによると、中国政府当局者は、2国間紛争の際に中国がレアアースの輸出を制限した場合、米欧の企業にどの程度影響が及ぶかについて業界幹部に質問を行った」と伝えた。

続いて、「台湾・中央社によると、中国は先月、レアアースの管理を強化する条例案を公表した。中国の工信部(工業情報化省)はホームページで、レアアースについて、再生不可能な重要戦略資源だと述べている。レアアース資源大国である中国は、レアアースの生産と利用で中心的な地位にある。条例を制定してレアアース管理の各種制度を法律上明確化することは、国家の利益と戦略資源産業の安全を守るのに資する」と伝えた。

記事は、レアアースについて、「スマートフォンから戦闘機までに使用され、米国が輸入するレアアースの8割が中国から来ている。中国が輸出を制限すれば、米国のサプライチェーンに影響が及ぶことになるだろう。中国のレアアース埋蔵量は世界全体の35~40%を占めており、その生産量は世界全体の6割以上に上る。米地質調査所(USGS)によると、2019年の世界のレアアース鉱石生産量に占める割合は、中国が62.9%、米国が12.4%、オーストラリアが10%、ミャンマーが10.5%だ」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携