韓国、走行中の現代自動車の電気バスから出火=ネットに「また現代自か」「運行を禁止すべき」の声

Record China    2021年2月18日(木) 13時20分

拡大

韓国で、走行中だった現代自動車製の電気バスから、出火が確認された。出火原因については、警察署と国立科学捜査研究所が合同で捜査を進めている。写真は現代自動車。

韓国で、走行していた現代自動車の電気バスから出火する事故が発生した。2021年2月16日、ZD Net Koreaが伝えた。

昌原(チャンウォン)消防本部によると、15日の午前3時54分ごろ、昌原市鎮海(チネ)区南門洞(ナムムンドン)の下り坂で、豊湖洞(プンホドン)方面へ走行中の電気バスから突然火の手が上がった。工場での整備を終えて車庫に向かう途中での事故で、けが人はいなかったという。

昌原消防本部の関係者の話では、17日から国立科学捜査研究院との合同鑑識捜査が始まり、出火原因については鑑識結果を基に発表する見通しだという。この鑑識捜査は、鎮海警察署からの依頼であることが分かっている。

今回事故が起きた電気バスは、現代自動車製のエレクシティ(2019年式)である。エレクシティは車体のルーフ側にバッテリーを搭載しているが、このバッテリーはLGエネルギーソリューション(LG化学)によって製造されたものだという。

韓国では、電気バスを含む電気自動車全般において、走行中に火災事故が発生したのは初めてのこと。この火災による被害額は、約4億ウォン(約3800万円)と推定されている。

この報道に対し韓国のネットユーザーからは、「また現代自動車か。国土交通部が注意すべきでは?」「LGのバッテリーも問題だ。よく出火する“コナ”のバッテリーもLG製」「現代自動車とLGは相性が悪いんだな」「電気バスは運行を禁止すべき。しっかりと調査してほしい」「バッテリーの問題が解決しないなら、電気自動車は使えない」など、冷ややかなコメントが多く寄せられた。(翻訳・編集/丸山)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携