中国製コロナワクチンはより良い選択肢=仏感染症専門家

CRI online    2021年2月17日(水) 13時0分

拡大

仏エクス・マルセイユ大学医学教授である感染症専門家のディディエ・ラウール氏は15日、「選べるなら、中国製の不活化コロナワクチンを選びたい」と述べました。

(1 / 2 枚)

仏エクス・マルセイユ大学医学教授である感染症専門家のディディエ・ラウール氏(Didier Raoult)は15日、「選べるなら、中国製の不活化コロナワクチンを選びたい」と述べました。

その他の写真

現在、欧州連合(EU)諸国が承認した3種類のコロナワクチンのうち、2種類は伝令RNA技術を使用しているため、世論はその安全性と有効性に関心を寄せています。これについてラウール氏は、「フランスが中国製の不活化ワクチンを採用しなかったことを残念に思う。ウイルスを不活化する調製方法はウイルス変異株にも有効的に対応できるが、伝令RNAには様々な局限性がある」との考えを示しました。

ラウール氏はまた、「個人としては中国製不活化ワクチンの合理性をより感じた」と示しました。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携