「韓国ネット民がますます居丈高に…」=漢服めぐり危機感「言いがかりつけられかねない」―中国メディア

Record China    2021年2月18日(木) 8時40分

拡大

15日、中国のポータルサイト・百度に、香港で多くの若者が漢服を着るイベントが開かれ、中国のネットユーザーから「韓国に『自分のもの』と言われないよう気をつけろ」といったコメントが寄せられたことを伝えた。

2021年2月15日、中国のポータルサイト・百度に、香港で多くの若者が漢服を着るイベントが開かれたことについて、中国のネットユーザーから「韓国に『自分のもの』と言われないよう気をつけろ」といったコメントが寄せられたことを伝えた。

記事は、15日に香港で地元の若者や外国人らが漢服を着用して文武廟を訪れ、新型コロナの早期収束を祈るイベントが現地の団体によって行われたことを紹介。このイベントが微博で注目を集め、ホットワードランキングに2位に入ったことを伝えるとともに、「現代の若者たちは中華文化の尊重、伝承こそ価値あることだと徐々に意識し始めている。近年の漢服ブームもその一つだ」と評した。

一方で、中国の伝統文化に関する活動や話題が取りざたされるたびに「一部の外国ネットユーザーが『われわれの文化を盗んだ』と騒ぎ立てる」と指摘。今回のイベントを紹介したSNSのコメント欄には、中国のネットユーザーから「海外に発信するなら『透かし』を入れといたほうがいいぞ。そうしないと誰かさんから『われわれの服装を盗んだ』などと言いがかりをつけられかねない」といった声が寄せられたとしている。

そして、近ごろ韓国の一部ネットユーザーが中国伝統の漬物を紹介する動画に対し「漬物はわれわれの物」と主張してみたり、中国のゲーム内に登場した伝統衣装に「これは韓国の伝統衣装だ」とクレームをつけてみたりという事例が相次いでいることを紹介。「歴史を理解しない韓国のネットユーザーがますます居丈高になっているのに対し、中国の一部ユーザーは資料を集めて積極的に反論を行うとともに、もっと多くの人が文化的な知識を理解し、大事にすべきだと呼び掛けている。漢服を着ることはその手段の一つに過ぎないかもしれないが、一方でわれわれが文化的な自信を持ち始めていることの表れなのだ」と伝えた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携