乾貴士に中国1部・上海海港が3年3億円超のオファーか、スペイン報道が中国でも伝えられ注目

Record China    2021年2月16日(火) 10時20分

拡大

サッカースペイン1部リーグのエイバルに所属する乾貴士に対し、中国1部の上海海港(前・上海上港)が年俸100万ユーロの3年契約オファーを提示していると、スペインで報じられているという。写真は上海海港。

サッカースペイン1部リーグのエイバルに所属する乾貴士(32)に対し、中国1部の上海海港(前・上海上港)が年俸100万ユーロ(約1億2700万円)の3年契約オファーを提示していると、スペインで報じられているという。

虎撲や射門中国など、中国の複数のサッカー関連メディアの15日付報道によると、スペインメディアのfichajesはこうした情報を伝えた上で、乾とエイバルの契約は2022年夏まであり、エイバルも元日本代表MFの放出を望んでいないため、交渉は難航する見通しだと指摘しているという。

上海海港は、山東泰山(前・山東魯能)がアジアサッカー連盟(AFC)のクラブライセンス規定に違反したとして21シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場資格を失ったことに伴い、出場枠の再割り当てによりプレーオフに加わるとみられている。

ACLの規定では、外国籍選手3人に加えて、AFC加盟国の選手であればアジア枠としてさらに1人が登録できる。上海海港のアジア枠はオーストラリア代表MFアーロン・ムーイですでに埋まっているため、中国国内では乾獲得の可能性は低いとの見方も出ているようだ。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携