サムスン、“アップル天国”の日本で7年ぶり2桁のシェアを記録=韓国ネット「日本人が認めた」

Record China    2021年2月16日(火) 12時40分

拡大

15日、韓国・マネートゥデイは「“アップル天国”の日本でサムスンが7年ぶりに2桁のシェアを記録した」とし、その背景について伝えた。 資料写真。

2021年2月15日、韓国・マネートゥデイは「“アップル天国”の日本でサムスンが7年ぶりに2桁のシェアを記録した」とし、その背景について伝えた。

リサーチ会社・MM総研によると、昨年の日本スマホ市場において韓国サムスン電子のシェアは11.1%で3位を記録したことが分かった。トップは米アップル(シェア46.5%、9年連続1位)で、 2位はシャープ(12%)、4位以降は ソニー(7.6%)、富士通(7.3%)が続いた。

サムスンのシェアが日本で10%を超えるのは7年ぶりのこと。2012年にはソフトバンクのアイフォン導入に対抗してドコモがサムスンのギャラクシーシリーズを推し出し最大シェア14.8%を記録したが、その後は反韓感情の高まりや日本のメーカー人気により苦戦し、16年には過去最低の3.4%まで落ち込んでいた。

しかし17年はシェア5.2%、18年はシェア6.4%と次第に回復を見せている。サムスン側は「中低価格帯のギャラクシーAシリーズが、フィーチャー・フォン利用者が初めて買うスマホとして人気を集め、出荷量増加につながった」と説明。業界は、日本市場における反騰はサムスン(SAMSUNG)のロゴの代わりにギャラクシー(GALAXY)のロゴを入れるなど、15年以降のブランド強化戦略が功を奏したとみている。また、日本のメーカーより一足早く5Gスマホを発売し、5G需要を積極的に攻略したことも有効だったとされている。19年にサムスンが発売した5Gスマホ「ギャラクシーS10」は日本で人気を集め、同年4-6月期のシェアは9.8%を記録したという。

これを受け、韓国のネット上では「日本メーカーを好む日本人が認めたということはすごいこと」と喜ぶ声や、「ギャラクシーは使い始めたらやめられない」「『ギャラクシー』というブランド名もいい」などサムスン推しの声が多く上がっている。

また「アフターサービスで勝負して。製品やサービスが良ければみんな買う」「名前が入っていなければ売れるということは、今後も戦略が大事」との声も。

その他「自社のロゴを取ってまで売りたかったかと思うと胸が痛む」「ロゴが入っているだけで買わないなんて韓国のノージャパンよりひどくない?」と複雑な心境を吐露するユーザーも見られた。(翻訳・編集/松村)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携