低カロリーの年越し料理が人気、平均800キロカロリー減 ―中国

人民網日本語版    2021年2月16日(火) 8時0分

拡大

中国北方エリアに位置する北京、青島、西安などの「盒馬鮮生(アリババ系生鮮食品スーパー)」では、南方エリアの伝統的な春節料理である八宝飯の売上が前年同期比50%近く増加した。写真は八宝飯。

【音声ニュースを聴く】

中国北方エリアに位置する北京、青島、西安などの「盒馬鮮生(アリババ系生鮮食品スーパー)」では、南方エリアの伝統的な春節(旧正月、今年は2月12日)料理である八宝飯の売上が前年同期比50%近く増加した。深センと広州の餃子の売上は年越し期間に4~5倍伸びた。今年の年越し料理の新しい消費スタイルが次々登場した。

今年の年越し料理には「ヘルシー」という新たな趨勢もある。統計データによると、2019年から2021年まで、年越し料理の1人当たり平均摂取カロリーは3年連続で減少。一人一食2289キロカロリーから、今年は1518キロカロリーにまで下がった。高タンパク・低カロリーの年越し料理が人気となっている。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携