日本の地震、中国大陸の短期的地震活動に大きな影響はなし ―中国メディア

人民網日本語版    2021年2月15日(月) 15時0分

拡大

中国地震台網の観測によると、北京時間13日午後10時7分に日本の本州東岸近海でマグニチュード7.1の地震が発生した。資料写真。

中国地震台網の観測によると、北京時間13日午後10時7分に日本の本州東岸近海でマグニチュード7.1の地震が発生した。

中国地震台網センター地震予報部の孟令媛副主任は14日「今回の地震は2011年のマグニチュード9.0の地震の余震域である、日本海溝の約70キロメートル西で発生した。今回の地震の特徴は、2つ考えられる。1つは震源の深さが約50キロメートルと深かったこと。もう1つは震央が近海区域に位置し、日本列島の最も近い海岸線から約67キロメートル離れていたため、地震波が沿岸の都市に到達した際には大部分のエネルギーがすでに減衰していたことだ。また、日本の建築物は耐震基準が高く、耐震能力が強く、マグニチュード6~7の地震では通常家屋は倒壊しない」と説明した。中国地震台網センターの専門家が分析した結果、中国大陸部の短期的な地震活動への大きな影響はないという。新華社が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携