山西省天竜山石窟から盗掘された仏頭が百年ぶり日本より帰国 ―中国メディア

人民網日本語版    2021年2月12日(金) 17時20分

拡大

1世紀近く海外に流出していた山西省天竜山石窟の第8窟北壁本尊仏頭が、思いがけない方法で私たちの前に突然姿を現した。

(1 / 3 枚)

1世紀近く海外に流出していた山西省天竜山石窟の第8窟北壁本尊仏頭が、思いがけない方法で私たちの前に突然姿を現した。旧暦の大晦日にあたる11日夜、仏頭は2021年春晩(春節<旧正月、今年は2月12日>を祝う中国の国民的年越し番組)に登場し、全国民と共に新春を迎え、団らんのひとときを祝った。これは天竜山石窟から流出していた仏教彫刻が、約100年ぶりに日本より祖国に帰国した初めてのケースでもある。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

この仏頭は縦33.7センチメートル、横30.4センチ、高さ44.5センチ、重さ55.5キログラム。科学技術調査による測定分析の結果、材料には主に石英と方解石が使用され、天竜山の岩体の特徴と一致しており、像内部の一致性は高く、目立ったひび割れはみられなかった。頭頂部と耳には彩色の痕跡があり、仏像はもともと彩色されていたと推定される。鼻翼と鼻梁の部分には有機材料が残り、修復が行われたことが推定され、これは鼻翼の修復状況とも合致する。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携