世界初の技術が期待されていた韓国LG電子の新スマホ、発売中止の危機に=ネットは複雑な反応

Record China    2021年2月13日(土) 12時0分

拡大

新技術の搭載が予告されていた韓国LG電子のスマートフォン「LGローラブル」が、発売中止の危機に面している。写真はLG電子のスマートフォン。

2021年2月11日、韓国・ZD Net Koreaによると、世界初の技術を搭載するスマートフォンとして期待されていた韓国LG電子の「LGローラブル」が、発売中止の危機に直面している。

「LGローラブル」プロジェクトは、9日の時点で中断が確認されており、有機発光ダイオード(OLED)パネルを供給予定の中国のディスプレーメーカーBOEも、開発を停止している状態だという。

「LGローラブル」はディスプレーを丸めて巻くことのできるスマートフォンである。巻かれた状態では6.8インチだが、広げると7.4インチにまで拡大される。ディスプレーが回転する「LGウィング」に続き、新技術を取り入れたスマートフォンのラインアップ「エクスプローラプロジェクト」の第2弾として売り出される予定だった。

LG電子は今年の1月にオンラインで開催された、世界最大の家電・IT展示会「CES 2021」において「LGローラブル」のティーザー映像を公​​開しており、遅くとも今年の上半期中には発売されると予想されていた。しかしCESでの公開からわずか10日でLG電子のモバイル事業全体の見直しが決まり、発売の見通しは立たなくなった。

現在LG電子はモバイル事業について、事業本部の縮小から売却・撤退まであらゆる選択肢を視野に入れて検討しているという。先月行われた2020年10-12月期の決算報告電話会議では、「社員の雇用安定を最優先に考え、財務面などを総合的に考慮した上で、最良の選択をしたい」と語っていた。

韓国の業界関係者は、「BOEとLG電子は技術を誇示する目的で早くにティーザー映像を公開したが、完成にたどり着くのは困難のはず」「BOE側の歩留まり率やLG電子のブランドパワーの脆弱(ぜいじゃく)さもリスクではあるが、モバイル事業部自体の先行きが不透明な中で新製品のマーケティングに力を注ぐのは難しいだろう」と話している。

韓国のネット上では、プロジェクトの中断を惜しむ声が上がる一方、「このまま中国に技術を奪われそうだ」「作れもしないのに映像を公開するなんて…」「見込みのない事業からはさっさと手を引くべき」「スマートフォンに情報が集中する時代なのに、事業を撤退したら後悔するはず」「LGは奇抜な技術よりも基本的なデザインや機能に気を使ってほしい」など、さまざまな反応が見られた。(翻訳・編集/丸山)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携