海外流失の石仏首が日本から「帰国」、約100年ぶりに祖国に戻る―中国

Record China    2021年2月12日(金) 15時20分

拡大

12日、国家文物局は、海外に流失した文化財の祖国帰還プロジェクトの100点目として、山西省の天龍山石窟の石仏首が春節に合わせて披露されたことを伝えた。

(1 / 4 枚)

2021年2月12日、国家文物局は、海外に流失した文化財の祖国帰還プロジェクトの100点目として、山西省の天龍山石窟の石仏首が春節に合わせて披露されたことを伝えた。

その他の写真

同局は、11日の春節前夜に放送された中国中央ラジオ・テレビ局の特別番組「春節聯歓晩会」で、1世紀近く海外に流失していた同省太原市にある天龍山石窟第8屈北壁主尊仏首がお披露目されたと紹介した。

その上で、この石仏首が中国に帰還した経緯について説明。昨年9月に日本のオークション会社が「天龍山石仏頭像」のオークションを行うとの情報を国家文物局が察知し、鑑定の結果1924年前後に盗まれて海外に持ち去られた天龍山石窟第8屈北壁主尊仏首であることを確認した上でオークション会社にオークションの中止を求めたとした。

そして、このオークション会社の在日中国人会長を通じて日本人の石仏首所有者と意思疎通を図り、協議の上で石仏首を中国側に寄贈することが決定したと紹介。昨年11月17日に東京の中国大使館で引き渡し式が行われ、その後日本の文化庁から文化財の出国許可を取得し、12月12日に北京へと運搬されてついにおよそ100年ぶりに祖国に戻ってきたと伝えた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携