習近平国家主席、バイデン米大統領と電話会談

CRI online    2021年2月12日(金) 12時0分

拡大

11日、習近平国家主席は米国のバイデン大統領と電話会談を行いました。資料写真。

2月11日、中国の旧暦大晦日午前、習近平国家主席は米国のバイデン大統領と電話会談を行いました。両国首脳は中国の丑年、春節について挨拶するとともに、二国間関係と重大な国際・地域問題について踏み込んだ意見交換を行いました。

習主席は「国際関係の中で最も重要な事項の一つは中米関係の回復と発展であり、中米関係は全体的に絶えず前進し、両国人民に幸福をもたらし、世界の平和、安定、繁栄を促進している。中米は協力すれば共に利益を得、闘えば共に傷つき、協力は双方の唯一の正しい選択である」と示しました。

また、習主席は「現在、中米関係は重要な時期にある。中米関係の健全かつ安定した発展を推進することは、両国人民と国際社会の共通の期待である。両国は共に努力し、互いに歩み寄り、衝突・対抗せず、相互尊重、協力・ウィンウィンの精神を堅持し、意見の相違をコントロールすべきである。また、新型コロナウイルス感染症と闘い、世界経済の回復を促進させ、地域の平和・安定を守るためにしかるべき貢献をすべきである」と指摘しました。

さらに、習主席は「中米はいくつかの問題で異なる見解を持つが、肝心なのは互いに尊重し、平等に接し、建設的な方式で適切にコントロールし、処理することである。両国の外交部門は二国間関係における広範な問題および重大な国際・地域問題について深く意思疎通し、両国の経済、金融、法執行、軍隊などの部門も多く接触するべきである。また、台湾、香港、新疆などの問題は中国の内政であり、中国の主権と領土保全にかかわるものであり、米国側は中国の核心的利益を尊重し、慎重に行動すべきである」と強調しました。

これを受けて、バイデン大統領は「中国は悠久の歴史と偉大な文明を持つ国であり、中国人民は偉大な人民である。米中両国は衝突を避け、気候変動など幅広い分野で協力すべきである。米国側は中国側と相互尊重の精神に基づき、率直かつ建設的な対話を展開し、相互理解を増進し、誤解・誤審を避けていきたい」と示しました。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

時事 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携