森喜朗会長が辞任の意向、女性蔑視発言で=中国ネット「開催は大丈夫?」

Record China    2021年2月11日(木) 16時40分

拡大

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が11日、女性を蔑視する発言をした責任を取り、会長を辞任する意向を固めたことが、中国でも伝えられ注目されている。資料写真。

東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長が11日、女性を蔑視する発言をした責任を取り、会長を辞任する意向を固めたことが、中国でも伝えられ注目されている。

SNSの微博(ウェイボー)では、環球時報や澎湃新聞、スポーツ関連メディアの新浪体育などが、日本の報道を引用する形で伝えた。

環球時報は、森氏が3日、日本オリンピック委員会(JOC)の評議員会で、「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと発言すると、国内外に反発が広がり、翌日に発言を撤回して謝罪したが批判の声は止まず、大会を支えるボランティアを辞退する動きが広がったこと、野党3党が森氏の辞任要求で一致したことなどを伝えた。

これについて、ウェイボーユーザーからは「当然」「知ってた」「発言を撤回した時に辞任も表明すべきだったね」「口は災いのもと」「何度目の失言?」「辞めて済む問題?」「最後まで責任取ろうよ」「全世界の勝利」「開催は大丈夫?」「国内(中国)も学べ」などのコメントが寄せられた。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携