アカデミー賞ノミネートなるか!?中国映画「少年の君」最終候補リストに選出

anomado    2021年2月11日(木) 15時20分

拡大

イー・ヤンチェンシー、チョウ・ドンユィ主演の映画「少年の君」が、今年のアカデミー国際長編映画賞において、ノミネート前の最終候補リストに選出された。

学校のいじめ問題をテーマにした中国映画「少年の君」。イー・ヤンチェンシー(易烊千璽)とチョウ・ドンユィ(周冬雨)が主演を務め、大ヒットとなったこの作品が、今年のアカデミー賞における国際長編映画賞のショートリスト(ノミネート前の最終候補リスト)に選出されたことが明らかになった。本選へのノミネートを決める投票は3月15日、授賞式は4月25日に行われる予定だ。

また、台湾からはヒューマンドラマ映画「ひとつの太陽」が、同じくショートリストに選出された。この作品は、次男の逮捕に始まる4人家族の崩壊と再生を描き、2019年に台湾の映画賞である金馬奨で作品賞を含む5冠を達成。同じ年に東京国際映画祭の「ワールド・フォーカス」部門でも放映され、大きな反響を呼んだ。

これらのほか、長編ドキュメンタリー映画賞には、武漢新型コロナウイルスと闘う人々の76日間を描いた米中合作映画「76天」(原題)が、長編アニメ賞には、2020年の世界興行収入でアニメ部門1位を記録した「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が、それぞれショートリストに選出されている。

本選にノミネートされるのは各部門5作品ずつ。どの映画が本選に勝ち進むのか、そしてアカデミー賞という栄冠を手にすることができるのか。今後の展開が注目される。(提供/華流・anomado)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携