<コラム>中国人が引っ越したい国ランキング、日本は何位?

大串 富史    2021年2月12日(金) 10時20分

拡大

「中国国際移民報告2020」ブルーブック。「中国の国際移民の流出先は主要三カ国である米国・日本・カナダ」とあり、「中国人が引っ越したい国人気ランキング」に大きな変動が生じ、日本は2位となった。

最近「世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は…| ニューズウィーク日本版」という記事を読んで、ちょっと気になってしまった。

一体何が気になったのか。それは中国人が引っ越したい国人気ランキングで、日本は一体何位なのかということである。

3年前であれば、答えは非常に明快だ。「中国人に人気の移民先、トップはこの国-米華字メディア|レコードチャイナ」という記事にもあるように、2018年時点では中国人が引っ越したい国人気ランキング1位は米国(79%)、2位はカナダ(25%)、3位はオーストラリア(15%)と続く。

一方でこの記事にある「中国の民間シンクタンク胡潤研究院」の「2018胡潤中国投資移民白書」を見ると、1位は米国、2位は英国、3位はアイルランド、4位はカナダ、5位はオーストラリア、6位はギリシャ、7位はポルトガル、8位はスペイン、9位はマルタ、10位はキプロスとある。

だから数年前であれば、日本はベスト3でもベスト10でもない。簡単な話をすれば、移民を「投資」の一手段とみなす中国人にとって、日本はあまり魅力的な国ではなかった。

ところが「日本で暮らす中国人が増え続けるのはなぜ?『日本にはたくさんの魅力』=中国メディア|サーチナ」(2019年)や「『移住先は間違いなく日本』そのわけは=中国メディア|サーチナ」(2020年)また「多くの中国人が考える『移住するならやっぱり日本…』その理由は=中国メディア」(2020年)という記事を見つけてしまった。

最初の記事には「日本人は他人に迷惑をかけることを避けると同時に他人を尊重するゆえ、中国よりも生活していて心地良いのは事実」「日本は工業の発達している国であるが青空が広がっていて、中国のように常にスモッグがかかっているわけではないことや、治安が良いことを紹介」「最も大きな理由は日本の福利厚生が良いことにある」「日本では義務教育が無料で受けられることや、保険制度が完備されているため進んだ医療を安く受けられることは、大きな魅力となっている」とある。まあ、その通りではある。

次の記事によると「中国人にとって同じアジアの国である日本の文化は比較的なじみやすい」「日本には漢字が使われており一目見ただけで意味が伝わることも多い」「日本には中国人も多く本格的な中華料理店も多く、食べなれた食事をすることもできる。場合によっては日本在住の中国人とも交流でき、ホームシック問題は少ないはず」「日本にも中華街があり中華食材は何でも入手することができる」とのこと。まあ、そんな風に考えてしまうのは分からなくもない。

最後の記事では「日本と中国の文化は近く、しかも文化レベルが高い」「日本では誰でも平等に接する文化があるため、人種差別がない」「日本では簡単な日本語会話ができれば、生活の面で差別を受けることはほぼない」「日本人は民度が高く、助け合いの精神があることも日本での生活がより快適だと感じる理由の一つ」「中国国内で移住した場合、広い国土を持つ中国ではどこでも長距離の移動が必要。その点、飛行機で移動する必要があるなら、日本に移住しても距離は変わらない」「日本は高齢者が多く、そのためのサービスもインフラも行き届いている。医療や福祉も発達しており、高齢者も安心して過ごすことができる」「超高齢化社会に向け加速している日本に、さらに国外から高齢者が移住してくる可能性がある」とあった。おうおう、そう来たか。

上述の全くもってその通りである部分もそうでない部分もひっくるめて、ここ数年で日本の人気が急上昇し、中国人が引っ越したい国人気ランキングに変動が生じているのか?と思い、さっそく百度してみる。

だが、いくら探しても何もそれらしいものが引っかからない。その代わりに「引っ越したい国人気ランキング最後尾の日本、いかにして外国人を逃げ去らせているか|個人図書館」(2021年1月25日付)という記事に行き着いた。それでこの中国語の記事をざっと訳してご紹介したい。

「全世界で宣伝されている日本文化の真相を一目見ようと日本に来る旅行客は失望を味わうことなく、世界最高水準と言われる日本の衛生およびサービス精神にどの国の旅行客も素晴らしいひと時を過ごし、帰ることも忘れ、帰れば日本の素晴らしさを躍起になって宣伝する」

「そんな日本ではあるが、旅行観光の対象国として大歓迎されているのみで、移民先としては人気があるようには見受けられない」

「二重の最後尾:英金融企業のHSBCホールディングスによる外国人が働きたい国ランキングのアンケート調査で、日本は外国人高学歴者が働きたいと思う国の最下位から2番目(32位)だった。欧米人によるアジア11カ国の就業移民希望先として、日本はやはり最下位(11位)だった」

「仕事時間の長さで仕事を選ぶ日本の若者たち:非常に驚くべきこととして、日本には休みも残業代もあるホワイト企業と、かわいそうな社畜がしまいには過労死するブラック企業とがある。日本社会の不思議な点は、そんなブラック企業を容易に辞められないことにある。『信用社会』とも称される日本において、辞めた後に『責任感の欠けた使い物にならない人間』とみなされた中途退職者は新卒者とは異なり、基本的に仕事にありつけずホームレスになるしかない」

「新卒者である大学生らも戦々恐々で、試用期間が始まったなら『調査』が入る。そんなブラック企業に入ってしまわないようにと、彼らはなんと夜中の3時に電話をかけて誰も出ないかどうかを確かめるのだが、残念なことに10社中恐らく8社が電話に出る」

「つまり求人広告通りの就業時間の会社というのは本当に稀で、これは欧米人からすれば耐え難い地獄である」

「外国人労働者は『消耗品』?:日本の企業は外国人の目から見ると、非常に閉鎖的で、歓迎されていない感じがする。人種差別や偏見、性差別、いじめがあり、排斥的で外国人嫌いだ。また、外国人スタッフに対して、職業保障、報酬、訓練、キャリア昇進の機会などをほとんど与えない。そして、外国人は常に『二流の消耗品』の扱いを受ける。そして、給与は日本の生活コストを考えると、その他の発展途上国にも劣るレベルだ(原文ママ)」

「『身内』ではない外国人労働者は冷たいあしらいを受け、しまいにはパワハラを受けるが、これはチームとして働けない日本人でも同じだから、まして外国人はなおさらだ。日本企業のチームの『身内』の雰囲気は良好だが、『身内』でない、あるいは異質であるとみなされた人間が歓迎されることはない」

「これは技能実習生を見れば分かる。日本は少子高齢化で人手不足だから外国の労働力を引き入れているが、技能実習生としてわが国(中国)や東南アジア諸国を対象に低水準の労働力を引き入れ、企業で実習させる一方で技能と日本語を学ばせ、最終的に試験に受かれば日本で生活する正社員となれる。とはいえブラック企業が技能実習生を社畜とし搾り取ったという報道が無数にある」

「もともと自国で高等教育を受けられず、自らの命運を変えるべく日本行きの飛行機に乗り込んだ彼らは、日本に着いてから昼夜問わずの残業と強奪とに直面する。これは確かに現代の奴隷制度であろう」

「こんなことが起きれば、外国人は自然と『日本企業はどこも竜淵虎穴(極めて危険な場所)』であるとの印象を持つことだろう。往々にしてそうだから、日本企業に対し一定の認識がある人は一般的に日本企業に就職しないし、何も知らずに入り込んでしまった人は身をもってそのつらさを知ることになる」

「最後に日本企業の給与と日本での生活費について。東京でワンルームを借りれば最低月7~8万は必要で、交通費は安くても月1万円、光熱費も大体月1万円、通信費も1万円、食費は毎日2000円だとして月6万円前後、合計1カ月に17~18万円。これは他に何も買わなかったらの話で、普通のサラリーマンの初任給は20万円ちょっと、外国人ならもっと少ないかもしれず、こんな生活状況に直面するのだから、故郷で悠々自適だった外国人なら自然と『わざわざけがをしたくない』と思うだろう」

これは一体どういうことなのか。上述の全くもってその通りである部分もそうでない部分も、ネット上の文字情報は日中間でほぼ共有されているということに他ならない。というか、すべて筒抜けなのである。

前のコラムでも書いたが、あの有名な「バベルの混乱」よろしく、恐らくはどの言語であっても「話す」ことと「聞く」ことは大多数の「外国人」にとって非常に難しい。脳の言語領域のシナプスを一瞬にして形成するなどという神業は、文字通り奇跡の領域である。

ところが人類史が数千年経過し、「書く」ことと「読む」ことにより情報がそれなり蓄積・共有されていき、交通手段の発達により国際間交流が以前より容易になり、ここ数十年の間にインターネットで世界中が結び合わされ、文字情報の共有が相応に達成された結果、今では上述のような中国語の記事を中国の人々が読めるようになっている。

加えて中国では、日本語学習者がすでに100万人に達している。世界の日本語学習者の4人に1人は中国人というこのご時世にあって、十分と言うにはまだほど遠いものの、中国人の日本語学習と日本人の中国語学習による日中両国の相互理解の程度は過去最高レベルにある。

そんな中で「世界の引っ越したい国人気ランキング2位」を見事獲得した日本を、日本人の一人としてまず素直に喜びたい。何事も筒抜けな現代社会における日本の第一印象的な評判は、国際的にはそれほど悪くないらしい。

その一方で実際の「引っ越し」つまり外国人の移住については、日本の外国人住民の30%すなわち3人に1人弱が中国人(と台湾人)で最多を占めているという点をかんがみ、中国人の日本語学習と日本人の中国語学習による日中両国の相互理解を引き続き深めるのがよろしかろう。

それはなぜか。全世界で移民数3位の中国人移民1100万人のうち、76万人余りが移民先として日本を選んだ。10人中1人に満たないが、それでも日本の外国人住民の中ではダントツである。

一方で移民国家として知られるインド(1800万人)、メキシコ(1200万人)、ロシア(1000万人)、シリア-アラブ共和国(800万人)のほとんどの人は、移民先として日本を選んでいない。

日本にいる外国人というのは実際のところ、法務省の2020年12月の在留外国人統計によると、中国人(78万6830人)、韓国人(43万5459人)、ベトナム人(42万415人)、フィリピン人(28万2023人)、ブラジル人(21万1178人)らであって、日本が「世界の引っ越したい国人気ランキング2位」を獲得した今もそれは変わらない。

それで最後に、このコラムの推敲がてら関連記事を再度ググってみると、なんと「中国だけでなく世界の人びとが日本に移住したいと考える理由|サーチナ」という記事が数日前に出ているではないか。

しかも「中国の移民に関する報告書でも日本が中国人にとって2番めの移民目的国であることが示された」って、なんだ中国でも2位だったんですね。

すべて筒抜けで「どこも竜淵虎穴」だとご存知なのに、それでもおいでになりたいとは。数年前とはえらい違いだなーともう少し百度して、ついに中国語の元ソースを見つけてしまう。

題して「『中国国際移民報告2020』ブルーブック刊行-日本は第二の移民目的国となる | 捜狗」(2021年1月18日付)。ちなみにブルーブックというのは、国会または政府の報告書のこと。

「『中国国際移民報告2020』を根拠に得られるのは、中国の国際移民の流出先は主要三カ国である米国・日本・カナダであり、これらの国はおしなべて世界でも発展した国家として国際的に認められている。」

この記事は続いて、日本の法務省による「高度人材ポイント制による出入国管理上の優遇制度」を紹介。うーん、さすがです。

こちらのお国はどうやら、もうスタンバイしている。そちらのお国もどうやら、準備万端だ。さて皆さんは、どうでしたか?

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携