三峡南線閘門で方向転換、秩序保ち順番待ちをする船舶―中国

人民網日本語版    2021年2月10日(水) 21時10分

拡大

春節を控え、長江を上って、重慶を目指す船舶が増えており、三峡水域の水門通過を申請する船舶の数も次第に増えている。

春節(旧正月、今年は2月12日)を控え、長江を上って、重慶を目指す船舶が増えており、三峡水域の水門通過を申請する船舶の数も次第に増えている。中国新聞網が伝えた。

8日午後6時から翌9日午後6時まで、三峡南線水門で方向転換する船舶と北線水門から川を上る船舶を同時に運航させることで、川を上る船舶を速やかに分散させ、留まる船舶が増えていくのを防ぐ措置が講じられた。分散措置が実施されている期間中、三峡通航管理局関連部門の担当者は、24時間体制で、遠隔安全モニタリングおよび現場での安全監督管理を強化している。長江海事部門は、水門を通過する船舶の安全管理を徹底し、停泊している海上巡視艇による安全パトロールを強化して、船舶の安全な通過を確かなものとしている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携