中国政府の対アフリカ支援ワクチンの第1便を発送―中国メディア

人民網日本語版    2021年2月10日(水) 16時0分

拡大

中国外交部の9日の定例記者会見で、汪文斌報道官が対アフリカ支援ワクチンに関する質問に答えた。

中国外交部の9日の定例記者会見で、汪文斌報道官が対アフリカ支援ワクチンに関する質問に答えた。

【記者】中国は先ごろ、アフリカ諸国に新型コロナウイルスワクチンを援助すると表明した。これに関する作業の進展状況は?

【汪報道官】中国政府が赤道ギニアに援助するワクチンの第1便が9日、発送された。赤道ギニア現地時間10日午前に首都マラボに到着する予定だ。これは中国政府にとって、アフリカ諸国に援助するワクチンの第1陣であり、ワクチンを国際公共財にするとの表明を実際の行動によって実行に移す重要な措置だ。また、昨年6月に習近平主席が中国・アフリカ新型コロナ対策特別サミットで行った「新型コロナワクチンの恩恵は開発完了と使用開始後にアフリカ諸国が他国に先駆けて受けることになる」との厳粛な約束を実行に移す具体的行動でもある。中国は赤道ギニアを含むアフリカ諸国と共にさまざまな形でワクチン協力を繰り広げ、アフリカ諸国のニーズに基づき、できる限りの支援をしたい考えだ。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携