石炭火力発電の設備容量、割合が初めて50%以下に―中国

人民網日本語版    2021年2月10日(水) 10時40分

拡大

中国電力企業連合会によると、2020年末現在の全国総発電設備容量は22億kW。うち総石炭火力発電は49.1%の割合を占める10億8000万kWで、初めて50%以下となった。

中国電力企業連合会によると、2020年末現在の全国総発電設備容量は22億kW。うち総石炭火力発電は49.1%の割合を占める10億8000万kWで、初めて50%以下となった。人民日報が伝えた。

第13次五カ年計画期間中(2016−20年)の全国総発電設備容量の年平均増加率は7.6%だった。うち非化石エネルギーは13.1%で、全体に占める割合が10ポイント上昇した。石炭火力発電は3.7%で、15年末の59%から20年末の49.1%に低下。20年の電力網に接続した新規の風力発電設備容量、太陽光発電はそれぞれ7167万kW、4820万kWで、前者は過去最大規模となった。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

経済 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携